うまずたゆまず

コツコツと

十干(じっかん)

「十干」(じっかん)とは、
「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」「辛」「壬」「癸」の
10の要素の順列を言います。
 
 
おおまかにいうと、10日間を一区切りにして、
その10日間の1日1日に名前を割り付けたものです。
10日を一区切りにするという考え方は、日本にも伝わっています。
今でも、1ヵ月を10日毎に区切って、
月の上旬、中旬、下旬という言い方をしますよね。
 
 
「十干」単体で使われることはなく、「十二支」と合わせて
「干支」(「かんし」または「えと」)として、暦の表示などに用いられます。
 
 「陰陽五行思想」には、
 その奥に「陰陽思想」「五行思想」「三才思想」という
 「三位一体」の土台があります。
 
 「三才思想」とは、
 「天の気」と「地の気」が交わり「人の気」を生じるという思想で
 「三才」は「天」「地」「人」を意味します。
  • 「天」:太陽・父の象徴=天干=十干
  • 「地」:大地・母の象徴=地支=十二支
  • 「人」:人間の象徴  =九星
 天地自然の摂理を読み解く重要な鍵として用います。
 
 
日本では「十干」を五行にそれぞれ当てはめ、更に区切られた2つに陰陽を割り当てます。
  • 「木」 (もく、き)
  • 「火」 (か、ひ)
  • 「土」 (と、つち)
  • 「金」 (こん、か)
  • 「水」 (すい、みず)
 
「陽を兄」、「陰を弟」として、
例えば
  • 「甲」:「木の兄」(きのえ)
  • 「乙」:「木の弟」(きのと)
などと呼ぶようになりました。
「干支」を「えと」と読むのは、この「兄弟」(えと)に由来しているのです。
 
 
この「十干」にはそれぞれ独特の性質があると言われています。
これは、風水などで人間の性格や素質を見る場合にも使用されています。
 
十干 五行 陰陽 五行陰陽 意味

(きのえ)
(こう)

(兄)
木の兄 甲冑(鎧兜の意)を語源としており、
発芽する前の草木の種子が
厚い皮を被っている状態を表しています。

(きのと)
(おつ)

(弟)
木の弟 軋(きしるの意)を語源としており、
草木の幼い芽が、まだ自由に伸長できず、
屈曲している状態を表しています。

(ひのえ)
(へい)

(兄)
火の兄 炳(あきらかの意)を語源としており、
草木が力強く伸長して、
その姿形がはっきりとしてきた状態を表しています。

(ひのと)
(てい)

(弟)
火の弟 丁壮(壮年の男子の意)と同意で、
草木の姿形が成長・成熟して、
充実してきた状態を表しています。

(つちのえ)
(ぼ)

(兄)
土の兄 茂(しげるの意)を語源としており、
草木が繁茂して大地を覆うほど
盛大となった状態を表しています。

(つちのと)
(き)

(弟)
土の弟 紀(すじの意)を語源としており、
草木が十分繁茂して盛大となり、
実を結ぼうとしている状態を表しています。

(かのえ)
(こう)

(兄)
金の兄 更(あらたまるの意)と同語で、
草木が成熟し実を結んで、
再び春が訪れるのを待っている状態を表しています。

(かのと)
(しん)

(弟)
金の弟 新(あたらしの意)と同語で、
草木が枯れ果てて、
新たに芽吹くための準備をしている状態を表しています。

(みずのえ)
(じん)

(兄)
水の兄 妊(はらむの意)を語源としており、
草木の種子の内部に、
新しい生命が孕まれる状態を表しています。

(みずのと)
(き)

(弟)
水の弟 揆(はかるの意)を語源としており、
草木の種子内部に孕まれたものが、
長さを測れるほど伸長した状態を表しています。
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain