うまずたゆまず

コツコツと

風祭

台風や強風に襲われる田畑の農作物を風害から守るために、
風を鎮める祈りを込めて「風祭」が各地で行われます。
 
強風の時期は土地ごとに異なるので、
祭りの日も様々ですが、お盆から冬にかけてが多いようです。
 
立春から数えて二百十日の9月1日頃は、
強風の吹く厄日とされており、この時期に風祭が行われる地域も見られます。
 
 

二百十日

この日は大きな台風が来る厄日と言われています。
ちょうど稲の開花時期に当たり、収穫を間近にした大切な頃です。
「八朔」「二百二十日」とともに、「三大厄日」とされています。
 

野分

台風のことを、古くは「野分」と呼んでいました。
野を吹き分ける力強い風という意味です。
源氏物語』や『枕草子』にも登場しています。
ざわざわと野分めいた風が吹くことを、「野分だつ」と言い、
強風に吹かれ飛び、野分をもたらす雲立ちを「野分雲」(のわきぐも)と。
また強風が去って晴れ上がった空は、「野分晴」(のわきばれ)と言います。
 

風の盆

毎年9月1日から3日の「二百十日」の初秋の風が吹く頃、
富山の八尾町で「おわら風の盆」は幕開けを迎える
「お盆」と「風祭」が合わさった行事です。
「おわら」とは、
江戸時代文化年間頃、芸達者な人々が七五調の唄を新作し、
唄の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差し挟んで町内を練り廻ったのが
いつしか「おわら」と唄うようになったという説、
豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説、
小原村の娘が唄い始めたからと言う「小原村説」などがあります。
 

マエナヌカ

二百十日の前7日間を「前七日」と言って、特に風害に気を付ける時期とされますが、
地域により風水害を避けるための行事がありました。
山口では「マエナヌカ」と言って、
この時期に、子供が山の上に上り火を焚く行事があったそうです。
長野の伊那では、8月20日頃に「虫送り」と同様に「風送り」を行ったとか。
大きな袋と竿の先につけて、御神木の先に縛り付けます。
 

二百二十日

旧暦8月1日の「八朔」(はっさく)、「二百十日」、「二百二十日」を
「農家の三大厄日」としています。
現在のように台風の予測が出来なかった時代、
人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈りました。
 

f:id:linderabella:20201227114520j:plain