うまずたゆまず

コツコツと

大晦日

一年の最後の日を「大晦日」(おおみそか)または「大晦」(おおつごもり)と言います。
 

f:id:linderabella:20201223152109j:plain

 
「晦」(つごもり)とは、
「月が隠れる日」すなわち「月隠」(つきごもり)が訛ったもので、
どちらも毎月の末日を指します。
そして12月末日の「晦日」は「1年の最後の特別な末日」なので、
末日を表す言葉に「大」を付けて「大晦日」とか「大晦」と言います。
 
 
「大晦日」の行事は、平安時代から行われていたと言われています。
12月31日「大晦日」には1年の間に受けた罪や穢れ(けがれ)を祓うために、
「大祓い」(おおはらい;年越しの祓)が
宮中や全国の神社で執り行われます。
 
6月の「夏越の祓」と対をなし、半年に一度行われる禊です。
真っ白い紙で出来た人形(ひとがた)を持ち、自分の体をなでる仕草をして、
ふうっと息を吹きかけます。
そうすることによって、穢れが人形が引き受けてくれたものとして、
その人形を川や海に流し、または火に焚いて、健康や長寿、厄除けを祈願します。
 
 
かつては1日の終わりが日没の時とされ、日没以後はもう明日とされたことから、
大晦日の日が暮れたら、「除夜」はもう既に新しい年の始まりでした。
「除夜」は歳神様を迎えるため、大晦日から家にこもって眠らずに夜通し祈願する
「年籠り」(としごもり)をすることが一般的で、
この夜に早く寝ると「白髪になる」「シワが寄る」などの俗信がありました。
ただ、どうしても眠くなったら「寝る」ではなく「稲積む」(いねつむ)と言うと、
魔力から逃れられるそうです。
 
時代の流れとともに「年籠り」の風習は形が変わり、
元日に行われていたお参りが残って、現在の「初詣」に繋がっています。
 
 

大晦日の4つの風習

「掃納」(はきおさめ)⇨ 掃除をする

f:id:linderabella:20201213085857p:plainf:id:linderabella:20201213085857p:plainf:id:linderabella:20201213085857p:plain

大晦日には、「掃き納め」と言って、その年最後の掃き掃除をします。
師走の間にあれこれしてきた正月の準備の締めくくりの意味合いもあり、
掃除をしている間に、正月を迎える心の準備が整っていきます。
新年を気持ちよく迎えるためというのは勿論ですが、
元旦に掃除をしないためでもあります。
元旦に掃除をすると、神様まで掃き出してしまうため、
元旦に掃除をしないという話があるのです。
 
 
「年取りの飯」(としとりのめし)⇨ 家族揃って過ごす

f:id:linderabella:20201223144011j:plain

昔は数え年だったので、正月を迎えると、皆一緒に一歳、歳を取るとされていました。
また、日が沈んでから新しい1日が始まると考えられていたので、
大晦日の夜には、新しい年の始まりと歳を取れたことを祝うため、
「年取りの飯」または「年越し料理」と言って、
普段は食べられないような豪華な食事を家族揃って食べました。
このご馳走のことを、「お節」(おせち)と呼んだのが、
やがて正月に頂く「重箱料理」を「お節」(おせち)と言うようになりました。
 
 
年越し蕎麦」を食べる

f:id:linderabella:20201231052710p:plain

 

大晦日の夜には、「年越し蕎麦」を食べる風習があり、
江戸時代から人々の間で定着し、今では日本の文化になっています。
「晦日そば」「つごもりそば」「運気そば」とも呼ばれています。
 
 
年の湯」(としのゆ)⇨ 風呂に入る

  f:id:linderabella:20210107064842j:plain

大晦日に入る今年最後のお風呂が「年の湯」です。
新年を迎える禊(みそぎ)の意味があります。
 
 
除夜の鐘」を聞く

f:id:linderabella:20201223152109j:plain

「除夜の鐘」とは、大晦日から元旦にかけて深夜に響く鐘の音のことです。
これは仏教に関係しており、全国のお寺で行われます。
鐘の音は全部で108回で、この数字は人間の煩悩の数とされています。
最後の1回は、年が明けてからつくのが一般的で、
新しい年が煩悩に煩わされないようにとの願いが込められているそうです。
 
<関連記事>
 

f:id:linderabella:20201227110718j:plain