うまずたゆまず

コツコツと

五節句

春の七草に始まり、桃、菖蒲、竹、そして秋の菊まで、
日本には季節の草花に彩られたいろいろな「節句」があります。
 
節句は奇数が重なる日をめでたいとした古代Chinaの考え方が、
奈良時代に伝えられたものです。
それが稲作を中心とした日本の生活のリズムに上手く当てはめて、
日本の行事として深く根を下ろし、現代に至っています。
年間の節句はまとめて「五節句」という言葉で言い表されます。
 
 
現代に伝わる五節句は
江戸時代に幕府がそれまでの節句をもとに制定したものです。
1月1日の「正月元旦」は別格扱いとし、
次の「五節句」が定められました。
  • 1月7日:「人日」(じんじつ)
  • 3月3日:「上巳」(じょうし又はじょうみ)
  • 5月5日:「端午」(たんご)
  • 7月7日:「七夕」(しちせき)
  • 9月9日:「重陽」(ちょうよう)
 
節句にはそれぞれ独自の意味や決まった供物があります。
そうした供物を飲食することから、「節句」は「節供」とも言われてきました。
昔の人々にとって、節句は神事のためだけでなく、
日々の雑事を離れ、滋養のあるものを食べて鋭気を養い、
まわりの人との絆を深める貴重な機会でもありました。
 
 
節句名 人日(じんじつ)
別名 七草の節句
月日 1月7日
植物 七草
飾り物 羽子板・破魔弓
お供え・飲食物 七草粥
 
節句名 上巳(じょうみ/じょうし)
別名 桃の節句
月日 3月3日
植物
飾り物 ひな飾り
お供え・飲食物 草餅・菱餅
 
節句名 端午(たんご)
別名 菖蒲の節句
月日 5月5日
植物 菖蒲
飾り物 鎧兜、甲冑、五月人形、鯉幟
お供え・飲食物 ちまき、柏餅
 
節句名 七夕(たなばた/しちせき)
別名 星祭(笹の節句)
月日 7月7日
植物
飾り物 七夕飾り
お供え・飲食物 索餅(さくべい)
 
節句名 重陽(ちょうよう)
別名 菊の節句
月日 9月9日
飾り物
飾り物 「後の雛」人形
お供え・飲食物 栗飯、菊酒

 

f:id:linderabella:20201230132310j:plain