うまずたゆまず

コツコツと

事始め

12月8日と2月8日は「事八日」(ことようか)と言って、
様々な行事が行われてきました。
 
ところで、12月8日を「事始め」、 2月8日を「事納め」という場合と、
その逆に、 2月8日を「事始め」、12月8日を「事納め」という場合が
あるのですが、どういった違いがあるのでしょうが?
 
「事」とは、元々「祭り」あるいは「祭り事」を表す言葉で、
「コトノカミ」という神を祭るお祭りです。
この「コトノカミ」が「歳神様(年神様)」か「田の神様」か、
この時に始める「事」が
新年に迎える神様の「事」なのか、田畑を耕し農耕に勤しむ人の「事」かによって、
「事始め」と「事納め」の時期が逆転します。
 
 
「コトノカミ」が「歳神様(年神様)」で、新年に迎える神様の「事」の場合は、
神様を迎えるために正月行事の準備を始めるのが12月8日の「事始め」で、
後片付けも全て納めるのが2月8日の「事納め」です。
 
 
一方、歳神様(年神様)を迎えるための正月行事が終わって、
人の日常生活が始まり、一年の祭事や農事を始める「事始め」の日は
2月8日とされてきました。
歳神様(年神様)を迎える正月行事という「神事」の期間と、
それ以外の人の「日常」の期間とに分けるとすれば、
一方の始まりの日はまた一方の終わりの日になる訳です。
 
旧暦2月8日と言うと、新暦では3月初旬から下旬。
春が来て暖かくなり、農作業を始めるのに相応しい頃です。
北国では山の雪解けの形が馬の様に見えてきたら、
種まきの時期 など、地方毎に様々な自然の兆しを農事の目安にしてきました。 
 

お事汁(おことじる)

f:id:linderabella:20201208075102j:plain

事始めの日には、「お事汁」をいただく習わしがあります。
 

二日灸

この日にお灸をすると特によく効くと言われています。
2月8日に今年の農作業が始まる前に、
心身を整え、浄める意味合いがあるのかもしれません。
冬の間にこわばっていた体をほぐし、癒す習わしで、
今ならマッサージや温泉などに行くのもいい時季です。
 

針供養

f:id:linderabella:20201208072212j:plain

関東では2月8日、関西や九州などでは12月8日、
針に感謝を込めて「針供養」をします。また針仕事を控える忌み日でもあります。
古針を豆腐や蒟蒻に刺し、あるいは紙に包んで淡島神社に収めるなどして供養します。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain