うまずたゆまず

コツコツと

余寒見舞い

立春になると「寒」が明けますが、
2月の寒さは、
季節が春になってもまだ残る「余寒」(よかん)とされます。
「春寒」(はるさむ)や「春浅し」(はるあさし)とも言います。
 
同じ寒さでも、
「余寒」と言うと、
もうこの冷え込みも長くはないのだという気がしてきます。
 
そんな寒い頃に相手を気遣う挨拶状を、
節分までは「寒中見舞い」、
立春から2月末までは「余寒見舞い」と言います。
 
 
 「余寒見舞い」は
「寒中見舞い」の時期が終わってから出すものですから、
「寒中見舞い」を出すつもりで間に合わなかった場合にも
用いられます。
「寒中見舞い」と違って、
いつまでに出すという決まりは見受けられませんが、
気候が暖かくなってしまえば本来の目的を外れてしまいます。
まずは2月中を目安に、
寒さの厳しい地方宛てであれば3月上旬くらいまでに
出すようにしましょう。
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain