うまずたゆまず

コツコツと

初大師(はつだいし)

「初大師」とは、その年最初の弘法大師の縁日ことです。
1月21日に開催され、「初弘法」とも呼ばれます。
この日は神奈川県の川崎大師や京都府の東寺〔教王護国寺〕は、
多くの人で賑わいます。
 
 
毎月21日は、大師、真言宗の縁日です。
真言宗の開祖「弘法大師(空海)」の月命日で縁日が催されるのです。
承和2(834)年3月21日、
真言宗の開祖である弘法大師・空海が62歳で入寂されました。
 
「大師」とは、
朝廷から高僧に対して、その死後に贈られる「諡」(おくりな)のことです。
真言宗 では、空海が最初に「弘法大師」という諡を贈られました。
弘法大師の弘法は「法を弘げた」という意味です。
 
弘法大師は
「虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば我が願いも尽きん」
と言う言葉を残しました。
 
「宇宙が尽きるまで、悟りを求めるものが尽きるまで、
 生きとし生ける者が全て輪廻転生から解脱するまで
 私の願いは尽きることが無い」、という願いは
今でも高野山奥の院にて弘法大師が座禅瞑想を続けることによって
祈り続けられているのです。
 
 
大師参りでは、弘法大師の宝号
「南無大師遍照金剛」
(なむ・だいし・へんじょうこんごう) と唱えましょう。
 
このご宝号は、真言宗で唱える一番短いお経で、
「お大師さまにおつかえいたします」との意味です。
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plain