うまずたゆまず

コツコツと

節分

「節分」とは、
季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことを言い、
年に4回あります。
 
旧暦では春から新しい年が始まったため、
「立春」の前日の「節分」(令和3年は2月2日)は、
「大晦日」に相当する大事な日でした。
そのため、「節分」と言えば、この日を指すようになったのです。
 
邪気や悪いものを落として、新しい年に幸運を呼び込むことを目的に、
「節分」の日には、日本各地で様々な行事が行われてきました。
 
節分の夜に厄を払う儀式は奈良時代にChinaから伝わり、
平安時代の宮中では、年中行事として
大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める
「追儺」(ついな)の行事が行われるようになりました。
 
宮中で行われた追儺の儀式は、陰陽師が祭文を読み上げ、方相氏という役人が四つ目の恐ろしい面を着けて厄鬼を追い払う役をしました。
盾を持ち、矛を打ち鳴らして大きな声を上げました。
これに、桃の弓と葦の矢を持った役人達が従い、矢を放ち、鬼が嫌う桃の杖を地面に打ちつけて鬼を追い払いました。
この儀式はその後廃れましたが、今も京都の平安神宮では毎年節分に平安時代の儀式を再現して行われています。
 
 
現在のように、炒った大豆を撒くようになったのは室町時代以降で、
豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。
 
今では炒った大豆を撒きますが、
昔は五穀全て(稲・麦・粟・稗・豆)を撒いていました。
五穀には生命力があり、それ故、魔除けの魔力をもっと考えられたためです。
 
豆も、魔(ま)を滅(め)する、に音が通じるため、
音魂(おとだま)としての豆の力を用いて
「鬼は外」「福は内」などと唱和することで、魔を滅するとされています。
 
生ではなく煎った大豆を使うのは、
生の豆を外に撒くと、そこから芽を出すことがあり、縁起が悪いためです。
また、外に撒いた豆は、白い紙に包んで、塩を振って浄めてから捨てます。
 
京都では、この時期、
表鬼門に当たる「吉田神社」と
裏鬼門に当たる「壬生寺」(みぶでら)の節分祭が殊に有名で、
「厄除節分会」の期間中は大勢の人でごった返します。
 
 
 吉田神社 (節分祭
  • 住所 :〒606-8311
        京都市左京区吉田神楽岡町30番地
  • 電話 :075-771-3788
  • 拝観料:無料
  • ご祈祷受付時間:午前9時~午後5時まで
 
 壬生寺 (節分
  • 住所 :〒604-8821
        京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31
  • 電話 :075-841-3381
  • 拝観料:境内は自由
        壬生塚、歴史資料室(200円)
  • ご祈祷受付時間:午前9時~午後4時半まで

 

 

<関連記事>

 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain