うまずたゆまず

コツコツと

初閻魔・閻魔賽日・十王詣

毎月16日は「閻魔王」の縁日です。
 
特に1月と7月の16日は「閻魔王の賽日」と言われ、
この日は「地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休む日」とされて、
罪人も責め苦を免れ 、骨休みになるとされました。
 
閻魔王は、仏教、ヒンドゥー教などでの
地獄、冥界の主で、冥界の王として、死者の生前の罪を裁く神様です。
 
インド神話では、元々天界で人間の善悪を監視する神でしたが、
後に死後の世界の支配神と考えられるようになりました。
「死後の世界の王」は閻魔大王1人と思われがちですが、
実は10人いて、「十王」と呼ばれています。
その十王の中心にいるのが「閻魔大王」です。
 
  1. 秦広王  (しんこうおう)   - 不動明王
  2. 初江王  (しょこうおう)   - 釈迦如来
  3. 宋帝王  (そうていおう)   - 文殊菩薩
  4. 五官王  (ごかんおう)    - 普賢菩薩
  5. 閻魔王  (えんまおう)    - 地蔵菩薩
  6. 変成王  (へんじょうおう)  ー 弥勒菩薩
  7. 泰山王  (たいざんおう)   - 薬師如来
  8. 平等王  (びょうどうおう)  ー 観音菩薩
  9. 都市王  (としおう)     ー 勢至菩薩
  10. 五道転輪王(ごどうてんりんおう)- 阿弥陀如来
 
日本の仏教においては、地蔵菩薩の化身と見なされ、同一視されています。
かつて子供達は「嘘をつくと 閻魔様に釘抜きで舌をぬかれる」と脅されました。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plainf:id:linderabella:20201227110656j:plain