うまずたゆまず

コツコツと

寒しじみ

しじみは一年中出回っていますが、旬は1~2月と8月です。
 
夏に獲れるものを「土用しじみ」と言います。
産卵を控え、旨味がぎゅっと詰まった一級品!
別名「腹ぐすり」とも呼ばれ、
江戸時代には、「土用の丑の日」は「うなぎ」ではなく
「土用しじみ」を食べる習慣があったそうです。
 
一方、厳寒期に獲れるしじみを「寒しじみ」と言います。
夏季の産卵を終え、秋~冬にかけて越冬のために栄養を蓄え、
寒い冬になると湖底深くに潜り、その蓄えた栄養で冬を越します。
そのため栄養豊富で、肝臓機能と歯や骨の強化、貧血予防等の効果が
あるそうです。
 
 
「しじみ」という名前は、「ちぢむ(縮む)」の古語「しじむ」に由来。
日本ではなんと縄文時代から食べられ続けてきた食材です。
 
<関連記事>
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain