うまずたゆまず

コツコツと

二十日正月(はつかしょうがつ)

「二十日正月」は、
正月にお迎えした歳神様(年神様)がお帰りになる日と考えられています。
 

f:id:linderabella:20210111063705j:plain

 
 
地域によって異なりますが、
この日には「二十日正月」を「正月の祝い納め」の日とし、
お正月の飾り物などを全て片付け終え、正月料理や餅なども全て食べ尽くします。
 

f:id:linderabella:20201223144011j:plain

 
歳神様(年神様)がお帰りになられるので、
前夜の1月19日には、
尾頭付きのお膳や小豆ご飯をお供えする地域もあります。
 
 
「二十日正月」を
「骨正月」(ほねしょうがつ)とか「かしら正月」呼ぶ地域もあります。
正月に準備した鰤を骨まで煮て残さず食べることには、
実りへの感謝や今年の豊作への願いが込められています。
 
 
お正月に準備する魚は供物として欠かせず、
年越しのために用意するものを「年取魚」と呼びます。
東日本では「栄える」に通じることから「鮭」を、
西日本では成長段階で名前が変わる「出世魚」の「鰤」です。
 
 
その鮭も鰤も、「二十日正月」の頃には
身が食べつくされて骨だけになっていることから「骨正月」、
(かしら)だけになっていることから「かしら正月」と
呼ばれるようになったそうです。
 
「二十日正月」には、骨や頭を水からじっくり炊き、
柔らかくなったら酒や塩で味付けをしたり、
大根やゴボウなど根菜類と一緒に粕汁やあら煮などにして、
全て食べ尽くします。
関西では、鰤の骨を酒粕の中に二十日間入れ、
ゴボウ、大根、昆布などと一緒に煮て食べたりするそうです。
 
 
かつて武家では、「刃柄祝い」(はつかいわい)と言って、
正月に甲冑(かっちゅう)の前に供えた
「具足餅」(ぐそくもち)や「武家餅」(ぶけもち)を下げ、
槌などで割って頂きました。
「鏡開き」のルーツです。
 
「具足祝い・具足開き」で、具足餅(鏡餅)を割る際、
刃物で餅を切ることは切腹を連想させることから縁起が悪いとされ、
木槌などで叩いて割って細かく分けられました。
 

f:id:linderabella:20210111063705j:plain

 
 
「刃柄祝い」で1月20日とされていた「具足祝い・具足開き」でしたが、
江戸幕府の第三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったことから
20日という日付が忌避され、
特に関東では、
それまで1月15日までとされていた「松の内」が1月7日に変更、
「鏡開き」も1月11日に行うとして、受け継がれています。
 
なお関西では、1月15日の「小正月」に「鏡開き」を行う場合も多く、
「松の内」の期間も、従来通り1月15日までとして行事が行われる。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain