うまずたゆまず

コツコツと

若火・若火迎え

f:id:linderabella:20210513115257j:plain

 

 

新年の行事として、大晦日に、

歳神様の祭壇に供える灯明の火種となる新しい火を起こし、
福茶や雑煮を作る竈の火を焚くための神聖な火を迎える
「若火迎え」という行事がありました。
 
昔は、大晦日の夜に神社で大きな篝火(かがりび)を焚いたり、
民家でも屋根裏に届くほどの大きな火を焚く風習が各地にありましたが、
「若火迎え」の行事は比較的早く廃れてしまいました。
 
ただ、現代でも神社の境内で日没後に篝火を焚き迎えるところがあり、
京都八坂神社の「おけら火・おけら参り」はそのひとつと言えます。
 
「おけら詣」は、社の前でおけら(朮)を燃やし、
その煙のたなびく方角でこの一年の吉凶を占う神事です。
参拝者はこの火を火縄に移して家に持ち帰り、
灯明を灯したり、雑煮やお節料理を作る火種としました。
 
おけら(朮)とは「蒼求」というキク科の薬草で、
乾かして健胃剤に用いられています。
色の白いのは「白求」と言って、昔は燈芯に使用しました。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain