うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「麋角解」

「さわしかのつのおつる」と読みます。
 
オス鹿の角が落ちる頃となりました。
メスの鹿は角が生えませんが、
オスの鹿は一年に一度、角が根元から自然にポロっと取れて、
春にはまた新しい角が生え始めます。
 
「麋」(さわしか・び)とは、
「なれしか」と言う大型の鹿のことで、
一般的には
「ヘラジカ」「トナカイ」の仲間とされています。
「麋角」(びかく)はこの大鹿のオスが持つ角のことで、
春に生え始めて枝分かれし、大きくなった角は冬には抜け落ちます。
 
「ヘラジカ」は、
人の手のひらのように平たくて大きな角を有する
欧州では「エルク」、北米では「ムース」と呼ばれるシカ科の動物です。
北方の森林地帯に広く棲む動物で、
北欧からロシアまでのユーラシア大陸や北米地域に広く生息しています。
 
 
「麋」は、
「四不像」(しふぞう)という種の鹿とする見方も有力です。
 
「四不像」(しふぞう)は、
鹿のような角を持ち、牛のような蹄を持ち、
馬のような顔をして、驢馬のような尾を持ちながら、
その四つの動物とは異なることから「四不像」という名になりました。
 
「四不像」(しふぞう)は、
China北部から中央部にかけての沼沢地に棲んでいましたが、
狩猟によって19世紀末には野生状態では絶滅、
20世紀にはChinaから姿を消してしまいます。
 
その後ヨーロッパ人の尽力により、
欧州で生き残った数少ない個体から繁殖が進み、
今では世界各国の動物園で見ることが出来るそうです。
 
日本でも、
大森山動物園(秋田県秋田市)、多摩動物公園(東京都)、
安佐動物公園(広島県)や熊本市動植物園で飼育されています。
 
 
「四不像」(しふぞう)のオスの角は片方で2kg程になり、
冬至の頃にその大きな角を落とすそうです。
なお、「ヘラジカ」も「トナカイ」も「四不像」も、
日本には棲息していない動物です。
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain