うまずたゆまず

コツコツと

人日の節句

五節句は
「3月3日」「5月5」日など奇数の月と重なる日が選ばれています。
1月は1日の元日は別格として、
7日の「人日」(じんじつ)を五節句(五節供)に入れています。
七草」「七草の節句」「七種(ななくさ)の節句」とも言います。
 
 
昔、Chinaでは元日から6日の各日に獣畜を当てはめて占いを行う風習が
ありました。そして、それぞれの日に占いの対象となる獣畜を大切に扱いました。
  • 元 日:鶏
  • 二 日:狗 (いぬ)
  • 三 日:羊
  • 四 日:猪 (いのしし)
  • 五 日:牛
  • 六 日:馬
  • 七 日:人 ⇨ 「人日」(じんじつ)
  • 八 日:穀
 
それぞれの日にはその該当する動物を殺さないように、
そして、7日には「人」に対する刑罰を行わないことになっていました。
 
その日が「晴天ならば吉」、「雨天ならば凶」
兆しであるとされていて、
 
7日の人の日には邪気を祓うために、
七種の若菜を入れた羹(あつもの=スープ)を食べて、
一年の無病息災を祈ったのだとも言われています。 
 
 
これが、
元々日本にあった正月に「若菜を摘む」という風習と混じり合って、
現代にまで伝わる1月7日には「七草粥」を食べるという風習となりました。
 
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain