うまずたゆまず

コツコツと

出初式

「出初式」の歴史は、江戸時代の万治2年1月4日(1659年2月25日)、
江戸の上野東照宮で定火消によって行われた「出初」が始まりと伝えられています。
 
明暦の大火後、幕府直轄の新たな消防組織「(武家)火消」が制度化され、
万治2年11月44日(1659年2月25日)、
老中・稲葉正則に率いられた「定火消4組」が上野東照宮に集結し、気勢を上げます。
 
この行動が「出初」と呼ばれ、
明暦の大火後の復興作業に苦しんでいた江戸の住人に対し、
大きな希望と信頼を与えました。
 
以降、毎年1月4日に上野東照宮で
「定火消」による「出初」が行われるようになり、次第に儀式化していきました。
 
「出初」は大名火消でも行われ、特に派手な装束と勇壮な活躍で知られた
「加賀鳶」の出初では、梯子の曲乗りが衆目を集めました。 
 
一方、大岡忠相が主導して、享保3(1718年)に制度化された「町火消」も
「出初」に倣って仕事始めの儀式が行われるようになります。
 
「町火消」の行った仕事始めの行事は
区別のために文字を引っ繰り返して「初出」と言いました。
 
「町火消」は、毎年1月4日に
それぞれの組を象徴する「纏」(まとい)を掲げて組内の町を練り歩き、
梯子乗りや木遣り歌を披露しました。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain