よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

破魔弓(はまゆみ)

破魔弓」は、「魔障を破り払う弓」という意味で、
江戸時代以来、男の子の初正月のお祝いとして贈られています。
 
 
由来は古く、『日本書紀』の頃から宮中では
「射来」(じゃらい)と呼ばれる弓の儀式があり、
後にお正月の儀式となりました。
 
この儀式には大きな「ハマ」という的が使われいました。
この「ハマ」を射る矢が「ハマ矢」で、「弓」が「ハマ弓」です。
「ハマ」に「破魔」の文字を当てたことから、
男の子の初正月の縁起物になったと言われています。
 
 
また平安時代には 「鳴弦 (めいげん) の儀」 が行われ、
弓の弦を強く弾いて魔除けをしていました。
弓矢は離れた邪を射ることも出来ますから、
近寄らせないためには、格好の武器だったと言えるでしょう。
 
 
弓は武士にとって重要なものでしたから、
江戸時代には、武家男児が成長して立派な武士として出世することを願い、
手遊びに使えるような弓矢が贈られました。
その風習はやがて民間にも伝わり、現代に至っています。
 
 
その後、破魔弓の作りが次第にに豪華になっていくにつれ、
そういう遊びも行われなくなり、やがて飾ることが主流になっていきました。
 
 
因みに、住宅の棟上げの際にも屋根の上に破魔弓を立てますが、
これも魔除けの力で家を守ろうという意味です。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain f:id:linderabella:20201227110649j:plainf:id:linderabella:20200616092637j:plain

 

トップに戻る