うまずたゆまず

コツコツと

寒中見舞い

「寒中見舞い」は、厳しい寒さの時期に
親戚や友人、知人などを気遣うために出す手紙のことです。
 
元々「寒中見舞い」は、
「暑中見舞い」と同じような季節の挨拶状でしたが、
喪中のため年賀状を出せなかった場合や、
最近では松の内(1月7日)までに出せなかった年賀状の返礼に
使われることが増えました。
 
寒中見舞いを出すのには、以下のようなケースが考えられます。
  1. もらった年賀状への返事
  2. 喪中の人への寒中見舞い(喪中はがきへの返事)
  3. 喪中にもらった年賀状への返事
  4. 喪中と知らずに年賀状を出した時のお詫び
 
寒中見舞いを出すのは
松の内」(1月7日)が明けてから立春(2月4日)までです。
投函は1月末までを目安にします。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain