うまずたゆまず

コツコツと

若菜摘み

日本には古来より、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘み、
自然界から新しい生命力をいただく「若菜摘み」という風習がありました。
 
 明日よりは春菜採まむと標めしのに
        昨日も今日も雪はふりつつ
山部赤人   
 
 
「若菜摘み」の様子は「古今和歌集」にも有名な一首があります。
 
 きみがため 春の野にいでて 若菜つむ
        わが衣手に 雪はふりつつ
  あなたに差し上げようと思って春の野に出て若菜を摘んでいると、
  私の袖にはしきりに雪が降りかかってきます)
 
 
この和歌からも伺えるように、
「若菜摘み」が労力と手間を要するものであったと同時に、
非常に特別な行事であったことが伺えます。
 
そうして摘んだ若菜は、
6日の晩から(あるいは7日の朝に)「七草叩き」「七草ばやし」などと言って、
年神棚(としがみだな)の前や大黒柱の前に用意したまな板の上で
音をたてて刻みました。
(「刻む」は忌み言葉と言われることがあるため、「叩く」と表現したようです)
 
 
七草を刻む動作に合わせて、大きな声で「唱え言葉」を口にするのが通常で、
日本各地には様々な唱え言葉が伝わっています。
  • 七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬさきに 
    ととんのとん               (東京都)

  • 七草 唐土の鳥と 日本の鳥と あわせてばたばた
                         (愛知県)

  • せんたらたたき、たらたたき 唐土の鳥と 田舎の鳥と 
    渡らぬさきに せんたらたたき、たらたたき
             (山形県・「せん」はセリのなまり)

  • どんどの虎と 田舎の虎と 渡らぬさきに 
    何草はたく、七草はたく(岩手県・「虎」は鳥のなまり)

  • なんなん七草 とうどの鳥が わたらすさきに 
    すっとことんの とんとん         (兵庫県)

  • なずな七草 とうどの鳥も すちゃちゃんちゃん 
    なくがよい 日本の鳥は にほんざし    (長野県)

  • 七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬうちに
    はし叩け、はし叩け            (富山県)

 
まな板を打ち鳴らしながら歌うのは、
農作物の天敵である鳥を追い払うためとする説や、
人日の夜にやってくる「鬼車鳥」(きしゃどり)と呼ばれる妖鳥を
追い払うためとする説があります。
 
 
また「若菜摘み」とは関係なく、
平安時代に、Chinaから「七種菜羹」(ななしゅさいのかん)という
7種類の菜が入った吸い物が伝わりました。
これは、年中行事である「人日」(人を殺さない日)に作られた
7種類の穀物で使った塩味の利いたもので、
この影響を受けて、「七種粥」が食べられようになったそうです。
その時の「七種」は諸説ありますが、
米・粟・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みのごめ)・胡麻・小豆だったようです。
 
 

f:id:linderabella:20210105060845j:plain

 
 
その後、この「七種粥」は「若菜摘み」と結びつき、
7種類の若菜を入れた「七草粥」になったと考えられます。
 
 江戸時代には、幕府が公式行事として「人日」を祝日にしたことで、
「七草粥」を食べる風習が一般の人々にも定着していったようです。
 
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain