うまずたゆまず

コツコツと

初竈(はつかまど)・初炊ぎ(はつかしぎ)・俎始(まないたはじめ)

元日に初めて竈を焚くことを「初竈」(はつかまど)と言います。
火や竈の神様に水を上げたり、塩で浄めたりして、一年の日の用心を祈ります。
 
 
新年最初に飯を炊くことを「初炊ぎ」(はつかしぎ)と言います。
元日の朝はお雑煮を頂くので、元日の夜か2日です。
 地方によっては、年越しから3日ないし7日まで、囲炉裏の火種を絶やさないようにする風習があるそうです。
また千葉では年越し料理を頂いた後、年越しの夜にご飯を炊く習わしがあります。
福岡や鹿児島では、2日食べる初炊ぎのご飯を「若飯」(わかめし)と言います。
 
 
正月の三が日には炊事をせず、日持ちする「お節料理」を頂きながら、
家庭でのんびり過ごす習慣があります。
とはいえ、時には台所に立たなければならないこともあります。
新年最初に包丁を握り、まな板(俎板)を使うことを
「俎始」(まないたはじめ)と言います。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain