うまずたゆまず

コツコツと

初門出(はつかどで)

新年に初めて出掛けることです。
「初日の出参り」や「初詣」は勿論、
ちょっとした外出でも「初門出」と言って、めでたいこととされています。
 
「門出」は人生の節目を迎える人に対して使われる言葉です。
「門出」には2つの意味があります。
1つ目は「自分の家を出て旅に出ること」、
そして2つ目は「新生活を始めること」です。
どちらの意味も、
新たな道に進むことへの前向きな気持ちが込められています。
 
 
「門出」の由来は、字のごとく「門を出る」から来ています。
昔は「かどいで」とも読んでいました。
昔は今と違って、
旅に出ても無事に帰ってこれるかの保証はありませんでした。
「門」、つまり今でいう「家の玄関」を出て旅に出かけるということは、
かなりの強い意志を持っていたはずです。
この状況が、
人生の節目となるような大事な場面で使われるようになった由来とも言えます。
 
 
「門出」は「首途」(かどで)と表記も出来ます。
「首」は「一番始め」、「途」には「清められた道」の意味があり、
「門出」よりも神聖なニュアンスが込められています。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain