うまずたゆまず

コツコツと

お年始とお年賀

正月三が日に、
ご挨拶に伺うことを「お年始」
その時に贈るものを「お年賀」と言います。
 
 
「お年始」は、元々は、
農村部で行なわれて来たお正月の行事に由来します。
当時は「年賀」とも呼ばれ、
分家が本家に集まって、「歳神様」を祀って新年を祝っていました。
それが江戸時代に入ると、
商人が挨拶の品を持って、
得意先に新年の挨拶に出掛ける風習が生まれました。
これが現在の「年始回り」に変わっていきました。
 
「お年始」は新年に行なう挨拶回りのため、期間が限られています。
2日から松の内(7日頃まで)にかけての間です。
(元旦は、家で歳神様を祀る日であるため、お年始には出掛けません。)
 
一般的には、昼食が終わった頃から夕食支度前の時間帯が、
常識的であり良いとされています。
また、お年始に行く際は、必ず前もって先方に連絡をして、
訪問しても良い時間を聞いておきましょう。
お正月は、来客や出掛けることも多いため、
都合を聞いておかないと、先方に迷惑を掛けることになります。
 
 

 
「年始」の挨拶回りには、
歳神様へのお供え物(御歳魂、おとしだま)を持参するのも習わしで、
これが後に「お年賀」や「お年玉」になったと言われています。
 
現在では、お年賀は「日頃、お世話になっている方への感謝」と
「今後のお付き合いへの願い」を込めて贈るものです。
そのため、お年賀を贈る相手は実家の両親を始め、
お世話になっている親戚や勤め先の上司などが考えられます。
また、結婚された方は仲人にも忘れずに贈りましょう。 
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain