うまずたゆまず

コツコツと

両の物(りょうのもの)

料の物とは、正月の祝い膳の左右に小さな土器(かわらけ)を配し、
そこに羊歯(しだ)や楪(ゆずりは)を敷いて、
「開豆」(ひらきまめ)と「開牛蒡」(ひらきごぼう)を盛りつけた物です。
 
「開豆」(ひらきまめ)とは、茹でた大豆のことで、
豆が膨れるのを開くと言って、開運の意味があります。
 
「開牛蒡」(ひらきごぼう)とは、生の牛蒡を算木のように細かく刻んだもので、
同じく開運の縁起物です。
 
京に伝わる古い習わしだそうです。
 
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain