うまずたゆまず

コツコツと

若水

f:id:linderabella:20210325090255j:plain

「若水」は、元日の早朝に井戸から水を汲んで神棚に供えることです。
またその水のことも「若水」と言います。
邪気を除くと信じられ
「福水・若井・初井・生華水」などとも呼ばれています。
 
 
水を頂くことは、命を頂くこと・・・。
そう感謝して、元旦にその年初めて汲む水が「若水」です。
 
平安時代の宮中では、
立春の日に主水司から天皇に奉った水(立春水)を
「若水」と言っていましたが、
後世になり、元旦に汲む水をいうようになりまた。
これは「変若水」(おちみず・復水・若返り水)信仰から来ていると
言われています。
 
「変若水」(おちみず)とは、飲めば若返ると言われる水。
月の不死信仰に関わる霊薬の一つ。
 
 
古来、「若水汲み」は特別な仕事でした。
新しい年の年号と元日の文字を書き入れ、注連縄をつけた
「歳の市」で新調した新しい柄杓と桶を持って、
朝早く、まだ人に会わないうちに、
井戸や清水の湧く場所まで水を汲みに行きます。
もし人に出会っても口をきかないしきたりでだったそうです。
 
 
そして汲み上げる時には
「福どんぶり、徳どんぶり、
    福くむ、徳くむ、幸いくむ」
「あらたまの年の初めに杓とりて、
    よろずの宝くむぞうれしき」
「黄金の水を汲みます」
などと唱え事をします。
 
そして、桶に水を満たして
タチバナの実やサカキの葉を浮かします。
また、鏡餅や米を持って行き水神様に供える、
半分を井戸の神に捧げ半分を持って帰るなどの風習もあります。
 
 
汲んできた「若水」は
一年の邪気を除くと信じられ神に供え、
その後その水は、
歳神様へのお供え物や家族の食事を煮炊きし、
口を漱いだり、
「福茶」を入れたりしました。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain