うまずたゆまず

コツコツと

正月飾り(年木・幸木・新木)

正月飾りには様々な種類があります。
その中に、「年木」「新木」「幸木」という余り聞き慣れないお飾りがあります。
それぞれどの様な物なのか説明します。
 
 

「年木」(としぎ)

お正月に歳神(年神)をお迎えする為に用意される、お正月用の薪の事です。
門松の根元に添えたり、戸口に立てたりします。
別名を「節木」(せちき)とも言います。
地域によって異なる場合がありますが、多くの土地で12月13日に採ってきます。
「年木」は神様に捧げる薪として扱われます。魔除けや神聖なものでもあります。
「年神への供物の薪」であり、「年神様の依り代(門松同様)」という考えが
元になってます。
 
 

「幸木」(さいわいぎ)

九州や四国方面で多く見られる習慣です。
「年木」と同じく正月のお飾りの一種で、「年神への供物を吊るす木」、
「お正月用の食べ物として屋内に吊り下げていく木」のことです。
 
6尺(約1.8m)位の棒に、
平年には12本(閏年には13本)の縄が結び下げられ、
その縄に正月用の食料を吊り下げ、これを土間などに取り付けます。
 
<正月用の食べ物>
 🐟 吊るした魚:鰹、鰯、鯵、鯛、鰤などを12本吊す
 🌳 吊るす木は:樫、椎、杉、松、タブノキなど
 
これらの食物は1月20日(「二十日正月」)までに食べ尽くすのが習わしです。
6月1日の稲代作りの時に食べる、という地域もあります。
 
この「幸木」は、家長の代替わりや不幸のない限り毎年同じものを使います。
不幸があったりすると、新しい物に取り替えます。
 
 

新木(にゅうぎ)

小正月から二十日正月の間お供えする木で、別名「御新木」(おにぎ)と言います。
その年で初山仕事になる1月正月4日に山から伐ってきた木を使って、
小正月に門口に立てて、二十日正月に下げる」というお飾りです。
 
また神奈川県丹沢の一部の山域では、
木の表面を削って顔を書いた「門入道」(かどにゅうどう)という木のお供えして、
山の神様を祀る行事があります。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain