うまずたゆまず

コツコツと

オランダ正月

「オランダ正月」は、
江戸時代、長崎の出島在住のオランダ人達や、江戸の蘭学者達によって行われた、
太陽暦グレゴリオ暦)で祝った正月のことを指します。
長崎出島のオランダ商館では、太陽暦(西暦)の1月1日に盛大な祝宴が催されました。
 
 
日本からは通詞(通訳)や奉行所の役人らが招かれましたが、
「オランダ 料理にはほとんどをつけなかった」と
オランダ人の日記には記されています。
そして、オランダ料理は「薬」として諸病に効能があるとされていたため、
出島の門外に待たせていたた家臣に持ち帰らせたといいます。
 
 
そのうち日本人のオランダ語通詞(通訳)達が
自宅でオランダ正月に西洋料理をふるまうようになりました。
 
蘭学者森島中良が天明7(1787)に刊行した 『紅毛雑話』によると
  • 「ラーグー」        (鶏の挽肉とシイタケ、ネギの煮込み)
  • 「ロストルヒス」      (鯛の塩焼き)
  • 「フラートハルコ」     (豚の腿肉の丸焼き)
  • 「ケレヒトソップ」     (伊勢海老のスープ)
  • 「タルタ」         (野菜のパイ)
  • 「プラートルエントホーゲル」(鴨を丸ごと煮たもの)
  • 「ハルトペースト」     (鹿の腿肉の丸焼き)
  • 「ヲぺリィ」        (クッキー)
などが供されたようです。
 
早稲田大学図書館には、津藩の市川岳山が
日本初の太陽暦での元旦の祝宴「オランダ正月」を描いた
『芝蘭堂新元会図』(しらんどうしんげんかいず)があります。
 
この「オランダ正月」は、
寛政6(1794)年の閏(うるう)11月11日(西暦1795年の1月1日)に
大槻玄沢の私塾「芝蘭堂」に江戸の蘭学者たちが集まって祝われたものです。
 
「オランダ正月」の背景には、
8代将軍徳川吉宗による洋書輸入の一部解禁以降、蘭学研究が次第に盛んとなり、
この頃には「蘭癖(らんぺき)」(オランダかぶれ)と呼ばれた
オランダ文化の愛好家が増加していたことがあります。
 
図に寄せられている漢詩や漢文から、描かれた29人の蘭学者の中には、
大槻玄沢を中心に、その師・前野良沢、初の蘭日辞書を刊行した稲村三伯、
銅版画の司馬江漢杉田玄白の養子・杉田伯元、津山藩医の宇田川玄随
桂川甫周とその弟・森島中良などで、絵を描いた市川岳山も含まれています。
また、大黒屋光太夫もいます。
彼は、ロシアからの帰国後3年目にこの宴に招かれたことになります。
 
因みに、芝蘭堂の「オランダ正月」は
大槻玄沢の子・盤里が没した1837年まで44回開かれました。

f:id:linderabella:20200616092637j:plain