うまずたゆまず

コツコツと

大黒様のお歳夜

庄内地方を始め、東北や新潟などでは、
12月9日に「大黒様の年越し」を祝う祭りが
神社の祭ではなく、各家庭でお祀りします。
 
七福神の一つにも数えられる大黒様の年越しのお祭りで、
「大黒様の嫁取りの日」とも言われています。
 
 

f:id:linderabella:20201226102517j:plain

 

 
床の間や神棚周辺に大黒様の掛軸や御神像を祀り、ご馳走をお供えします。
豆ごはんに納豆汁、豆腐田楽といった豆尽くしのご馳走に、
(豆は「忠実(まめ)」に通じ、元気とか子孫繁栄の意味が込められている)
ハリハリ漬、数の子醤油漬、豆なます、そしてハタハタ田楽、
(ハタハタ、ブリコと言われる大量の卵を抱えているため、子孫繁栄の意味がある)
それに「まっか大根」(二股大根)を供え、
豊作と子孫繁栄を願いお祀りする習慣が今でも続いております。
 
 

f:id:linderabella:20200722104930j:plain

 
<大黒様とまっか大根のお話・1>
大黒様は餅が大好きだったそうです。
ある時、餅をたらふくご馳走になり、
家に帰る途中腹痛を起こしました。
川端で大根を洗っていた嫁に「一本下さい」と頼みましたが、
嫁は姑から大根の本数を数えて渡されているので、
あげることが出来ず困りましたが、
大根の中にあった、
「まっか大根」(二股大根)の一方をかき取ってあげました。
大黒様はもらった大根で腹痛を治すことが出来たので、
大層喜ばれたそうです。
このことから、
毎年大黒様に「まっか大根」を供えることにしたそうです。
また、まっか大根は大黒様のお嫁さんだとも言われています。
 
<大黒様とまっか大根のお話・2>
昔々、餅を食べ過ぎた大黒様はお腹が痛くなり、
川で大根を洗っていた女の人に
消化を助ける大根を一本分けて欲しいと頼みました。
しかし、この大根は旦那様に上げるもので
お分けすることは出来ませんと、断られてしまいました。
困った大黒様でしたが、
その女の人は近くの畑から二股に分かれた大根を掘ってきて、
その片方を大黒様に、もう片方は旦那様に差し上げました。
大黒様はその大根を食べ腹痛が治り、
女の人も旦那様に大根を差し上げることが出来たので
叱られることはなかった、
めでたしめでたし。
 

f:id:linderabella:20201227110718j:plain