うまずたゆまず

コツコツと

歳の市(年の市)

正月を迎えるための買い物には、
神棚や注連縄(しめなわ)飾り、門松、鏡餅に始まり、橙、裏白(うらじろ)、
串柿、そして正月料理の食材や雑煮の餅・・など、挙げればきりがないほどあります。
 
 
「歳の市」は、毎月開かれていた定期市のうち、その年の最後の市「納めの市」で、
昔は、神社やお寺の境内には「大市」が、町のあちこちには「小市」が立ったと
言います。
成立は、万治年間(1658~1661)頃の浅草とされています。
そして、最も有名で人を集めたのは、「浅草観音の歳の市」でした。
 
江戸の主な歳の市は、
日本橋の歳の市は「納めの歳の市」と呼ばれ、
まさに一年のしめくくりの歳の市でした。
 
 
「歳の市」で売られていた物は、
注連縄飾りや神棚、羽子板や凧などの正月用品だけでなく、
海老や鯛、昆布、餅などの食品、まな板や柄杓、桶などの台所用品。
更に衣料や植木まで幅が広く、生活雑貨全般に及びました
 
それは、新年を迎えるに当たって日用品を新調することが「お清め」を意味した他、
感謝の気持ち、新年へ向けての祈り、美意識、気構え・・・
日本人特有の精神構造があったのでしょう。
 
 
 
浅草寺などでは、売られる商品が羽子板中心になったため、
「羽子板市」と呼ばれるようになりました。
 
 
(やげんぼりふどういん)
江戸の日本橋四日市の流れを汲む由緒ある「歳の市」です。
地元の保存会によって復活しました。
衣料問屋街にあるので、衣料品が多いのが特徴です。
令和2年は残念ながら中止となりましたが、例年12月27日~29日に行われます。
 
f:id:linderabella:20201227110718j:plain