うまずたゆまず

コツコツと

巳正月

その年、亡くなった人のある家で、
12月の第一巳の日、または第二巳の日に近親者が集まり、お参りを行う行事です。
(死者が初めて迎えるお盆を「新盆」、初めて迎える正月を「巳正月」と言います)
 
 

f:id:linderabella:20200725054637j:plain

 
 
12月の「巳の日」を故人にとっての正月として、
故人と家族が食事を共にすることで、
忌が明け、気持ちを新たに新年を迎えていく、という風習が「巳正月」です。
 
この「巳正月」の行事は、
四国地方・瀬戸内海の島々、
とりわけ愛媛県東予中予地方に色濃く残っています。
 
「巳の日」の当日、
「お餅」を搗いて「藁」と「逆さ巻きしめ縄」を持ってお墓参りに行き、
墓前でその餅を藁を燃やしてあぶり、
一切無言でちぎって手渡しはせず、
刀に刺したり、竹の先に刺して渡して食べるというの儀式です。
 
この日に餅を食べたり、この日に搗いた餅を頂いたりすると、
長生きするとか。
「巳」(へび)は生命力の象徴で、再生を表します。
忌明けの慣習が巳の日に行われることには、
そうした意味が込められているのかもしれません。
 
 

f:id:linderabella:20200725054637j:plain

 
 
「巳正月」の起源は諸説あります。
 
「南・北朝の戦い」で、
南朝新田義貞の敗走に伴い、伊予の国より参じた兵士が
琵琶湖の北壁、敦賀付近の木の芽峠付近で猛烈な吹雪に遭い、
多くの凍死者を出しました。
その戦死の知らせが旧暦10月(新暦12月)の巳の日、巳の刻(午前10時頃)
伊予の国元まで届けられました。
正月を迎えられなかった兵士たちの無念を慰め、執り行った新亡慰霊儀式が、
「巳正月」の起源だとする説があります。
 
戦国時代、高縄半島を中心に勇猛を誇った武将達の出陣の祈りで、
生きて祝えないかもしれない正月を一足早く12月の巳の日に祝ったという説も
あります。
 
豊臣秀吉の「朝鮮出兵」の帰途、戦死した兵士を弔うために餅を搗き、
それを朝鮮に向けて供え、後で皆が竹に餅を刺して食べた慣習が残ったのだという説も
あります。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110718j:plain