うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「冬至」は「一陽来復の日」

旧暦では、冬至は太陽の力が復活する日です。
そのため、冬至は別名、
「一陽来復」(いちようらいふく)の日と言われています。
 
 
「一陽来復」とは、
「良くないことが続いた後、物事がようやく良い方向に向かう」
という意味です。
「冬至」が近づくにつれて、
昼が短くなるのは太陽の力が弱くなるからであり、
「冬至」を過ぎると、
今度は次第に太陽の力が蘇り、運も上昇するとされています。
 
 
「冬至」の日の夜が「新月」と重なることを
「朔旦冬至」(さくたんとうじ)と言います。
旧暦の「11月1日」が「冬至」になり、
1年の節目と月の始まりが重なるため、
喜ばしい兆しとして、
奈良時代から江戸時代まで、宮中では祝宴が行われていました。
 
 
旧暦11月23日に行われていた「新嘗祭」は、
まさに「冬至」の時期に当たります。
その23日とは、旧暦によれば「下弦の月」の頃。
稲の刈り上げを終えてから1か月程「物忌み」を続け、
冬至の時期の半月の日に「新嘗祭」として、
実りへの感謝と祈りを捧げたのです。
現在でも、全国にある多くの神社では「冬至祭」が行われます。
 

f:id:linderabella:20201123054638j:plain

 
「冬至」は太陽が復活する日であるため、
農業にとって非常に重要な日でした。 
「冬至」を迎えることは、豊作を祈ることに繋がっていると言えます。
そのため「冬至」には、農業に関わりの深い言い伝えが色々あります。
 
<言い伝え>
  • 冬至の日が晴れだと、  翌年は豊作になる
  • 冬至の日が雷が鳴ると、 翌年は雨が多い
  • 冬至の日に南風が吹くと、翌年は地震や日照り、あるいは大雨など災害が起こる
  • 冬至の日が雪が降ると、 翌年は豊作になる
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain