よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

上弦の月

「上弦の月」は新月から数えて月齢が7日目頃の月のことを言います。
そして、同じ半月でも「下弦の月」は23日目頃の月のことを言います。
 
ところで、この「上弦の月」と「下弦の月」、
どのように見分けたらよいのでしょうか?
 
 
結論から申し上げますと、
上弦の月
  • 月が沈む時に
    欠けている部分(弦の部分)が「上」を向いている
  • 月の「左側」が欠けている 
 
下弦の月
  • 月が沈む時に
    欠けている部分(弦の部分)が「下」を向いている
  • 月の「右側」が欠けている
 
 
半月は弓を張った状態に似ていることから、
別名、「弓張り月」(ゆみはりづき)あるいは、「弓月」と呼ばれます。
 
月を弓に見立てた場合に月の欠けている部分が弓の「弦」に当たり、
弦が「上」を向く場合を「上弦の月」、「下」を向く場合を「下弦の月」と呼びます。
 
「上弦の月」の日には、
新月から始めたことを、ここで一度見直したり、改良したり、軌道修正をしていくと、
その後の流れが良くなると言われています。

f:id:linderabella:20200713153735j:plain

 

トップに戻る