うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「鱖魚群」

f:id:linderabella:20210213054334j:plain

 

 

「さけのうおむらがる」と読みます。
 
鮭が群れをなして鮭が川を遡上する季節となりました。
 
鮭は川で生まれ、海に出て、再び生まれた川に帰って来ます。
この頃には、迫力のある遡上を見ることが出来ます。
 
河川で卵から孵化した鮭の稚魚は、
春、雪解け水とともに海に降り、
8月~11月までオホーツク海に回遊し、餌を捕食しながら大きく成長します。
11月頃になると南下し、アラスカ湾へ移動し冬を越します。
その後は、夏はベーリング海、冬はアラスカ湾を行き来します。
 
そして4年後、
成熟魚になった鮭は、ベーリング海から千島列島沿いに南下し、
9月~12月頃、それぞれ日本の生まれ故郷の河川へと帰るのです。
 
鮭が地球上に現れたのは、今から約三百万年前に遡ります。
現在、鮭は真水でも海水でも生活することが出来ますが、
昔は川か海かどちらかで生活していました。
しかし、氷河時代に入るとは河川が全て凍りついてしまったため、
海に下り、海で生活していけるように対応し変化していきました。
ただ産卵だけは海で出来ないので、
産卵のために故郷の川に戻ってするようになったようです。
 
川に戻った鮭は、雄、雌つがいとなり、川底に産卵床を作ります。
その中へ雌が産卵、雄が放精し、受精卵が形成されます。
その後、外敵に取られないように、また水流に流されないように
砂をかけてます。
繁殖という役目を終えた鮭は力尽きてしまいますが、
自分の身を栄養にして孵化した稚魚を育てるのです。
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain