うまずたゆまず

コツコツと

正月事始め

12月13日はお正月の準備を始める
正月事始めの日です。
 
 

f:id:linderabella:20201213091453j:plain

 
 
一年の間に溜まった煤を払う煤払い(すすはらい)や、
門松のための松を準備する 松迎えなど、
正月の準備に取り掛かる日とされています。
 
 
元々「12月」と言えば、年神をお迎えする準備の月で、
12月中旬ぐらいから正月準備を始めていました。
 
江戸時代中期まで使われていた「宣明暦」では、
12月13日は婚礼以外は万事に大吉とされる鬼宿日に当たることから、
年神様を迎える準備を始めるのに相応しい日とされ、
正月事始め」として定着していきました。
 

f:id:linderabella:20200724080254j:plain

 
新暦になっても日時は変わらず、
正月事始め」の日は12月13日のまま残っているということです。
 
 

煤払い

f:id:linderabella:20201213085843j:plain

 
正月に年神様を迎えるために、1年の汚れを払い、清めることが「煤払い」です。
江戸城で12月13日に「煤払い」をしていたことから、
江戸庶民もそれに倣って「煤払い」に精を出したそうです。
 
昔は行灯や囲炉裏を使っていたので、家の中は煤だらけ。
なので「大掃除」とはすなわち、「煤払い」のことでした。
 
特に、荒神様が司る竃 (かまど) の掃除は念入りに行われていました。
そうした竃に宿る荒神様は、火の神であるとともに、家の運を司る神様でもあり、
竃周り=台所をきれいにしていないと、その家の運も逃げてしまうと言われています。
 
 

松迎え

f:id:linderabella:20200722104926j:plain

 
かつては、 年神様を迎えるための「門松」やおせち料理を作るための「薪」など、
正月に必要な様々な木を恵方の山へ伐りに行くことを 「松迎え」と言いました。
 
 

「年男」

 

 
その年の干支に当たる男性を「年男」と呼びますが、
元々はお正月の行事を取り仕切る人のことを「年男」と呼びました。

そしてこの役目を家長が「年男」を務め、
暮れの大掃除、お正月の飾りつけ、年神様への供え物、
おせち料理を作るなど、お正月全般を取り仕切っていました。
 
このように、「年男」として大変忙しい役目を家長が担っていましたが、
次第に長男や奉公人など、若い人が務めるようになりました。
 
 
f:id:linderabella:20201227110718j:plain