うまずたゆまず

コツコツと

針供養(はりくよう)

「針供養」(はりくよう)とは、
折れたり、錆びたり、曲がったりして使えなくなった針を
豆腐やコンニャクなどに刺して供養する行事です。
主に淡島神社(粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)のある寺院で
行われています。
 
 

f:id:linderabella:20201208072212j:plain

 
 
「針供養」の起源は定かではありませんが、
平安時代には貴族の間で行われるようになったと考えられています。
そして、「針供養」が女性達の年中行事となったのは江戸時代。
 
「淡島信仰」を全国に伝えるために各地を放浪した
「淡島願人」(あわしまがんじん)と呼ばれる遊行者が、
針を供養する風習を広めたと言われています。
女性達は、針を神様の元に返した後、
手元にある針箱や裁縫道具の手入れを行い、裁縫上達を願ったのです。
 
 
針仕事は女性にとって重要な仕事だったため、
折れた針や古くなった針に感謝の気持ちを込めて
柔らかい豆腐やコンニャクなどに刺して、
川に流したり、土に埋めたり、神社に納めたりして供養し、
裁縫の上達を願いました。
 
豆腐など柔らかいものに刺すのは、
これまで硬い生地などを刺してきた針に対し、
最後は柔らかいところで休んでいただきたいという気持ちや、
供物としての意味があると言われています。
 
 
「針供養」は、女性を守って下さる淡島神(あわしまのかみ)を祀る
淡嶋神社(粟島神社)や淡島堂・粟島堂を中心に、各地の社寺で行われます。
 
淡島神社の本社、和歌山市加太の淡島神社に祀られている
少彦名命(すくなひこなのみこと)は、
『古事記』などにも登場する医薬などを司り、裁縫を伝えた神様です。
 
<針供養を行っている代表的な社寺>
[東日本]
  • 浅草寺・淡島堂
    針供養塔      (東京都台東区浅草)  :2月8日
  • 森巌寺・淡島堂   (東京都世田谷区代沢) :2月8日
  • 富岡八幡宮・粟島神社(東京都江東区富岡)  :2月8日
  • 正受院       (東京都新宿区新宿)  :2月8日
  • 荏柄天神社     (神奈川県鎌倉市二階堂):2月8日
 
[西日本]
  • 淡嶋神社      (和歌山県和歌山市加太) :2月8日
  • 太平寺       (大阪府大阪市天王寺区) :2月8日
  • 大阪天満宮     (大阪府大阪市北区)   :2月8日
  • 法輪寺       (京都府京都市西京区)  :2月8日、12月8日 
  • 幡枝八幡宮 針神社 (京都府京都市左京区)  :12月8日
 
 
全国には、様々な針供養の風習があるようです。
山梨県甲府では、この日にコンニャクと風呂吹き大根を頂くそうです。
長崎県の対馬では、針を紙に包んで一日休ませます。
鹿児島県では、コンニャクと豆腐を三方に載せて、針を刺すそうです。
山口県の萩では、庚申の日に古針を集めて海に流します。
石川県でも、裁縫が上手になりますようにと、女の子が夜にあん入りの餅を
焼くそうです。
 
 

f:id:linderabella:20201227110718j:plain f:id:linderabella:20201227110726j:plain