うまずたゆまず

コツコツと

事納め(ことおさめ)

「事納め」(ことおさめ) とは、
昔の農家では12月に入ると作業を締め括り、
道具を片付けて、お正月の準備を始める日のことを言います。
 
一般的には12月8日が「事納め」で、来年の2月8日が「事始め」ですが、
逆に12月8日が「事始め」で、来年の2月8日が「事納め」とする地方も
あります。
 

 
これは、始める「事」が何を指すのかにより決まります。
 
「事」が新年に年神様を迎えることを指す場合、
12月8日がお正月準備を始める「事始め」で、
お正月が終わり後片付けも全て終わらせるのが2月8日の「事納め」です。
 
 ※年神様(としがみさま)
   
  毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様  
 
 
「事」が農作業を指す場合は、
お正月が終わって人々が日常生活に戻り
農作業を始める2月8日が「事始め」で、
一年の農作業を終わらせるのが12月8日の「事納め」です。
 

 
そして、「事始め」と「事納め」の2つをまとめて
「事八日」(ことようか)と言います。
 
 

 
お事汁
 

 
 12月8日や2月8日の「事八日」に無病息災を祈って食べる
野菜たっぷりの味噌汁が「お事汁」です。
 
別名「六質汁」(むしつじる)と言い、
大根や人参、里芋、小豆、牛蒡、蒟蒻などの6種類の具を入れた味噌汁で、
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、
寒い季節に体の芯から温まる、伝統の健康長寿食です。
 
 

 
針供養
 

f:id:linderabella:20201208072212j:plain

 
「事八日」は、神事や祭事であることから、
神様を迎えるために慎みを持って過ごす日とされ、
針仕事を休むべきだと考えられていました。
 
また別の説では、
妖怪や厄神が家を訪れるので身を慎む日とされ、
この日は一日、針に触れないようにしました。
(江戸の町では、妖怪や厄神を追い払うまじないとして、
 目籠を括りつけた竹竿が町中に立ち並んだそうです。 )
 
そう言ったことから、この日は「針供養」をする日となりました。
 
針は着物の時代の大切な道具。
江戸時代に針の労をねぎらい裁縫上達を祈る祭りとして広まりました。
色白の美人になる、まめに働けるようになどといった由来もあるようです。
 
折れたり、曲がったり、錆びて使えなくなった縫い針を
神社で納めたり、川に流したりして針を供養し、裁縫の上達を祈ります。
 
供養の仕方は地域によって異なりますが、
一般的には、豆腐や蒟蒻のような柔らかいものに針を刺します。
それまで硬い生地に何度も糸を通してきた針に、
最後は柔らかいところで休んで成仏して欲しいという
労いの意味が込められているそうです。
 
関東では2月8日、関西では12月8日に行われることが多いようです。
 

f:id:linderabella:20201227110718j:plain