うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「地始凍」

「ちはじめてこおる」と読みます。
 
日ごとに寒さが増し、季節は本格的な冬を迎えます。
冬の冷気の中で、大地が凍り始める頃です。
朝には霜が降りたり、水たまりに氷が張ったり、
場所によっては「霜柱」が見られるようになります。
 
 
「霜」「霜柱」はどちらも氷ですが、発生の仕方に違いがあります。
「霜」は冷たい地表物に触れた空気中の水蒸気が昇華して出来た氷です。
「霜柱」は地中の水分が凍って出来た氷です。
 
その氷が出来る時の水分補給は地中の深い方から行われるために、
「霜柱」は下で成長し、先に出来ている氷を上へ上へと押し上げるため、
柱のような氷となります。
 
ところで、「霜柱」は土がある所ならどこでも発生するかというと
そうではありません。
湿気の多い柔軟な土質に生じます。
更に、「霜柱」が出来るためには、
  • 地面近くの気温が0℃
  • 下の地中の温度が0℃以上
  • 土壌の含水率が30%以上
といった条件が揃った場合に発生しやすいそうです。
 
 
ところで、「シモバシラ」というシソ科の植物があります。
山地の木陰に生え、高さ約60cm程になります。
秋に、茎の上部の葉の脇から穂を出して、白い唇形の花を総状につけます。
 
冬には地上部は枯れてしまいます。
花の姿が「霜柱」のように見えるのですが、
名前の由来は、
枯れた茎の根元に「霜柱」が出来るために「シモバシラ」なのだそうです。
その成長点は柱の上部ではなく下部にあり、押し出されるように伸びていきます。
「雪寄草」(ゆきよせそう)という別名を持ちます。
 
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain