うまずたゆまず

コツコツと

雑節「土用」

「土用」とは、立春、立夏、立秋、立冬前の約18日間を言います。 
(最初の日:「土用入り」/最後の日:「土用明け」)
 
Chinaの「陰陽五行説」からきており、
万物の根源とされる「木」「火」「土」「金」「水」を四季に当てはめると、
「春」=「木」、「夏」=「火」、「秋」=「金」、「冬」=「水」となります。
そして、余った「土」は
季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間に割り当てられ、
その調整期間としました。
 

f:id:linderabella:20200716062542j:plain

 
「土用」は、昔は様々な禁忌や風習がありましたが、
「夏の土用」は梅雨明けと重なることが多いために特に重要視され、
「土用」と言えば「夏の土用」を指すことが多くなりました。
これは、高温多湿な日本ならではの暮らしの知恵と言えるでしょう。
 
4つの土用のそれぞれは、
「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」とも呼ばれ、
大体の目安としては次のようになります。
 
  • 冬土用:1月後半 ~ 2月初め
  • 春土用:4月後半 ~ 5月初め
  • 夏土用:7月後半 ~ 8月初め
  • 秋土用:10月後半 ~ 11月初め
 
 

令和3(2021)年の土用はいつ?

それでは、令和3(2021)年の土用の日付などをまとめておきます。
  土用入り 土用明け 丑の日 日数
冬土用 1月17日 2月2日 1月17日
1月29日
17
春土用 4月17日 5月4日 4月23日 18
夏土用 7月19日 8月6日 7月28日 19
秋土用 10月20日 11月6日 10月20日
11月01日
18
 
  • 土用入り   :土用の始まりの日
  • 土用明け   :土用の終わりの日
  • 土用の丑の日 :土用の期間中の「丑」に当たる日
            丑の日が2回ある場合、
            二番目の日を「土用の二の丑、二の丑」と言う。
 
なお、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」を「四立」(しりゅう)と言います。
 

 

土用で気をつけるべきこと

 
土用の間は「季節の変わり目」ということもあり、
健康管理に気をつけたい時期でもあります。
春夏秋冬、それぞれの土用で気をつけるべきポイントは以下の通りです。
  • 春土用:五月病、気力減退
  • 夏土用:熱中症、夏バテ
  • 秋土用:夏の疲れが一気に出る、老け込む
  • 冬土用:風邪、インフルエンザ
4つの土用の中でも最も注意が必要なのは「冬土用」です。
(気を付ける順:冬土用>春土用>夏土用>秋土用)
 
これは、土用の間は勿論「土」の気と、
各シーズンの持つ五行との関係を見れば一目瞭然です。
  • 冬(「水」の気)土用→土剋水
  • 春(「木」の気)土用→木剋土
  • 夏(「火」の気)土用→火生土
  • 秋(「金」の気)土用→土生金

 

f:id:linderabella:20200716062542j:plain

 
「冬土用」の間は、時期的にも年変わり前ということもあり、
その年の運勢の影響が最も出やすい時期でもあります。
そのため、その年の運勢が「凶」である人ほど、
「冬土用」がキツくなる可能性が高いので、くれぐれもご注意下さい。
 
 

 

土用にまつわる行事と風習

土用干し

土用に関連して、「土用干し」(どようぼし)というものがあります。
これは主に「夏の土用」に行なわれるものですが、次の3種類があります。
 

衣類、書物の「土用干し」

梅雨明けの頃にやってくる「夏の土用」は湿気やカビ、虫が気になる頃です。
昔は大切なものを風に当てて湿気を取る「土用の虫干し」が行われていました。
着物や履物だけでなく、掛け軸や書物を陰干し(かげぼし)して風を通すことで、
虫がついたりカビが発生することを防ぎます。
特に本の場合は「曝書」(ばくしょ)とも言われます。
現在でも、寺院では、虫干しを兼ねて本尊などを特別に拝観出来たりするそうです。
 

田の土用干し

強い稲を育てるために、田の水を抜いて放置することです。
これによって田は乾くので、
稲は地中の水分を求めてより深く根を張るようになり、
台風にも強いものになります。
また、一定期間 田を干した後に水を入れると、
稲は水をよく吸うようになって良い穂が実ります。
 

梅の土用干し

梅干し作りに欠かせないのが「土用干し」です。
昔から「土用干し」は三日三晩と言われ、
梅雨明けの晴天の続く3日間で行われました。
土用干しした物を本漬けしたものが梅干しとなります。
 
[梅干し作りの流れ]
  • 塩漬け・・・・6月上旬〜下旬
  • 赤紫蘇漬け・・6月下旬〜7月中旬
  • 土用干し・・・7月下旬〜8月
 
「土用干し」は絶対必要という訳ではありません。
干さずに「梅漬け」として食べることも出来るます。
ただ「土用干し」をすると、更に美味しい梅干しが出来ます。
  • 夏の日差しに当てることで水分が飛び、殺菌される
  • 梅の実が柔らかく仕上がる
  • 身離れがよくなる(種から外れやすくなる)
  • 色が鮮やかに仕上がる
 

雪駄の土用干し

上記の3つの「土用干し」と違って、「夏の土用」との関連はありません。
「雪駄」(せった=草履:ぞうりの裏に革:かわを張った履物)を干すと
反ってしまうことから、「反っくり返って、威張った態度で歩く人」のことをいう
言葉です。
 
 

土用三郎

夏の土用入りから3日目にその年の豊作を占うことを言います。
この日が晴れなら「豊作」、雨だと「凶作」と言われています。
 

 

土用期間にやってはいけないと言われていること

土用殺

春夏秋冬、それぞれの土用には「土用殺」と呼ばれる凶方位があります。
それぞれの土用期間に入ったら、例え吉方位であったとしても、
これらの方位への「引越」「吉方位旅行」はNGですのでご注意下さい。
また、土用期間中は全方位パワーダウンするため、
逆に、凶方位へ行った場合、より凶作用を受けやすいので気をつけましょう。
  • 冬土用:北東
  • 春土用:南東
  • 夏土用:南西
  • 秋土用:北西
 

土動かし

「土用」の期間は「土公神」がいらっしゃるので、
土を動かしてはいけないと言われています。 
 
「土公神」(どくうじん)は、陰陽道で土を司る神様で、
土公は「つちぎみ」・「どくう」・「どこう」とも読みます。
 
この「土公神」は、
春は竈に、夏は門に、秋は井戸に、冬は庭にいらっしゃるとされ、
この神様がいらっしゃる「土用」の期間は
その場所を改修したり、工事を行ったり、土を動かしてはいけないと
言われています。
(但し、土用前に着手した農作業や増改築についてはOK)
 
 

土用の間日

この日は土公神が天上に行く日で土を離れるので、
土を動かしても問題がないと言われています。
「土用」は1年間に4回×18日間もあるのに、
その間、何も出来ないなんて大変ですものね。
 
この間日は季節毎の土用によって、
それぞれ次のように十二支の日で決められています。
  • 春土用 - 巳・午・酉の日
  • 夏土用 - 卯・辰・申の日
  • 秋土用 - 未・酉・亥の日
  • 冬土用 - 寅・卯・巳の日
 
土公神さんは土地の神様です。
神事を行ない丁寧に工事の奉告をすればご守護下さる神様です。
 

新しいこと

土用期間中は、転職、就職、結婚、結納、開業、開店、新居購入などの
新しいこともしてはいけないと言われています。
土用はそれぞれの季節の変わり目に当たります。
この時季は体調を崩しやすいものです。
昔は医学が発達していなかったため、
体調の変化が生活に大きな変化を与えたり、病気が重くなったりしました。
 
 
そのために土用の期間中は新しいことは始めず、
養生して過ごすようにということから出来た風習なのかもしれません。
勿論、「土用の間日」なら大丈夫。
 
 

f:id:linderabella:20201230132310j:plain