うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「大雪」

二十四節気はいよいよ「大雪」(たいせつ)に突入。
本格的に冬が到来する頃となりました。
 
「冬将軍」と呼ばれるシベリア寒気団も到来し、気圧配置は完全な冬型になります。
 

f:id:linderabella:20201106163352j:plain

 
江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には
次の様に記されています。
 
「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」
  (ゆきいよいよふちかさねるおりからなればなり)
 
雪がいよいよ降り積持っていく頃で、土には霜柱が立ち、水たまりなどが凍り、
平野部でも積雪が見られる頃という意味です。
 
 
熊などの冬眠をする動物が冬ごもりを始める時期でもあり、
冬特有の真っ青な高い空を見ることもできます。
 

f:id:linderabella:20201206185119j:plain

 
 
山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから
「大雪」と言われたのでしょうか。
この頃になると九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色になります。
スキー場がオープンしたり、熊が冬眠に入るのもこの頃です。
鰤(ブリ)など冬の魚の漁も盛んになります。
 
 
鰤(ブリ)は、冬の味覚を代表する魚で、
同じように厳寒期に美味しい「かんぱち」「ひらまさ」も鰤の仲間です。
成長段階に合わせ、いくつもの名前を持つことから、
代表的な「出世魚」とされています。
北陸〜西日本では「歳取りの魚」として親しまれてます。
価格とも年間を通して安定感のある養殖ものが主流となりつつあります。
 
 大きさによって呼び方が変わる出世魚で、関東では、
    モジャコ(稚魚)  → ワカシ(35cm以下)→ イナダ(35-60cm) 
  → ワラサ(60-80cm) → ブリ(80cm以上)

 

脂肪の乗った時期ほど栄養価も高いです。
特に、学習・記憶能力の向上や、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など
生活習慣病の予防効果があるとされる「EPA」と「DHA」が豊富なことで
注目されています。
また、抗酸化作用のある「ビタミンE」も豊富です。
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain