うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「小寒」

小寒は、一年で最も寒さが厳しくなる時期の始まりを意味しています。
 
江戸時代に発行された「暦便覧」には、
「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」
と記されています。
 この一説にあるように
ますます冷え込む時期であり、これから冬本番を迎えます。
 
 
「小寒」(しょうかん)とは、「寒の入り」と言われ、
「大寒」に至るまで厳しい寒さが続きます。
小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」と言います。
 
 
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
寒が明けると立春になります。
 
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain