うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「立春」

旧暦では、この日が1年の始めとされていたため、
決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。
 
「八十八夜」、「二百十日」、「二百二十日」も
「立春」から数えます。
 
「冬至」と「春分」の真ん中で、
まだまだ寒いですのですが、
暦の上では旧冬と新春の境い目に当たり、
この日から「春」になります。
 
因みに、「寒中見舞い」は立春の前日までで、
以降は、「余寒見舞い」(2月下旬頃まで)になります。
 

「立春大吉」で厄祓い⁈

立春の早朝、禅寺では、
入口に「立春大吉」と書いた紙札を貼る習慣があります。
厄除けとして、家の鬼門にこの紙札を貼るご家庭もあります。
この文字は、縦書きすると左右対称になり、
一年間災難に遭わないというおまじないです。
 
 
 
<関連記事>

f:id:linderabella:20201227114524j:plain