うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「啓蟄」

今日から二十四節気の3番目「啓蟄」
 
 
今から234年前の天明7(1787)年に太 玄斎 (松平頼救)という人が著した
暦の解説書『暦便覧』において「啓蟄」については、
「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されております。
 

f:id:linderabella:20210304071622j:plain

 
前節の「雨水」以来、春の雨の潤いにより、植物は芽吹きの季節を迎えてますが、
太陽の高度も上がり、大地が温まり出して、虫や小動物も目覚めの時季を迎えます。
「啓」の字には「開く」という意味があり、
「蟄」の字には「虫などが土などに隠れている様子」という意味があります。
つまり、土に隠れていた虫が外に出てくる、それほどまで暖かくなってきたという意味です。
 
 
「菰(こも)はずし」を「啓蟄」の恒例行事にしているところが多いようです。
冬囲いで使用した菰を外して焼きます。
 
「菰」(こも)とは、藁で編んだ敷物のようなもので、
冬になる前に木の幹に巻きつけ、害虫退治のために利用されるものです。
(こも)を巻くと、暖かい場所を好む松の害虫は菰に集まってきます。
徐々に暖かさが感じられるようになる「啓蟄」の時期に
(こも)を外して燃やすことで、害虫退治が出来ます。
 
 
また、雛人形をしまうのは「啓蟄」までという言い伝えもあります。
長く雛人形を飾りすぎると、婚期が遅れるということからです。
雨水には雛人形を出すのは「雨水」。
しまうのは「啓蟄」までです!

 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain