うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「穀雨」

f:id:linderabella:20200605164605p:plain

 
 
穀雨」は、「種まきや田植えの時期に降る雨」のことです。
 
春雨が百穀を潤すことから名付けられたもので、
この時期の雨は 「百殻春雨」(ひゃくこくはるさめ)とも呼ばれており、
あらゆる穀物を潤し育てる恵の雨と考えられてきました。
 

 百穀春雨(ひゃっこくはるさめ) 

 この時期に降る雨は、
 百穀を潤し芽を出させる春雨として
 「百穀春雨」と言われています。
 「穀雨」は 種まきなどを始めるのに
 適した時期なので、
 農作業の目安にされています。
 
清明になると雪が降らなくなり、
 穀雨になると霜が降りることもなくなる」
という言葉があるように、
南の地方ではトンボが飛び始め、
冬服やストーブとも完全に別れる季節です。
 
変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。
昔から、この日を田植えの準備をする目安にしているようです。
穀雨が終わる頃に「八十八夜」を迎えます。

 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain