うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気「芒種」

二十四節気も

今日からは「芒種」になります。

 f:id:linderabella:20200605164350p:plain

 
江戸時代に発行された「暦便覧」(こよみびんらん)には
「芒ある穀るい稼種する時なればなり」
  (のげあるこくるい かしゅするときなればなり)
とあります。
 
「芒」(のげ)とは、
麦や稲などの先端にある針のようなツンツンしたもののことです。
通常、「のぎ」「ぼう」と呼びます。
 
「稼種」(かしゅ)の
「稼」「種を植える」などの意味があり、
「種」「(稲の) 種」のことを指しています。
 
昔から「芒種」の時季は、
この「芒」のある植物の種を蒔いたり、
麦の刈入れや田植えを行う目安とされてきました。
 
現在、実際に「芒」を蒔くのはもう少し早い時期で、
田植えも種まきもほとんど終わっているのですが、
農家が忙しくなってくるのは、実はこの「芒種」の頃からです。
 
一年で一番日が長いとされる 「夏至」が目前のこの時期には、
恵みの雨が降り注ぎ、 植物にとって欠かせない頃です。
植物は、「芒種」で水を蓄え、
「夏至」に太陽を沢山浴びて、成長するのです。
 

f:id:linderabella:20200605164447p:plain

 
 
「芒種」は始まりの季節と言えます。
特に「芒種」を迎える日に物事を始めると縁起が良いとされています。
種を蒔き、その植物が成長していく姿から縁起が良いと考えられているのです。
歌舞伎や能、狂言など日本の伝統芸能の世界では、
6歳の6月6日の「芒種」に芸事を始めると大成するとされ、
この日を「稽古始め」として大切にしています。
その縁起を担いで、
6月6日は「音楽の日」「楽器の日」「生花の日」などが制定されています。
習い事を開始するのはこの時期が良いという訳です。
 

 
ところで、一足早く梅雨入りする沖縄では、
「小満」から「芒種」の頃が梅雨時期になります。
そのため、沖縄では梅雨のことを
「小満芒種」(すーまんぼーす)と呼んでいます。
 
いよいよ、本格的な梅雨の始まりです。
 

f:id:linderabella:20200605164605p:plain



f:id:linderabella:20201227114527j:plain