うまずたゆまず

コツコツと

十二直

「十二直」(じゅうにちょく)
北斗七星の柄杓が季節によって指す方角を、十二支に割り当てたものです。
 
 
「十二直」の歴史は古く、日本のカレンダーによく記載される
大安や仏滅と言った「六曜」よりも古くから信じられてきたものです。
 
 
飛鳥時代から「十二直」は暦に取り入れられていたようで、
奈良時代に建てられた、日本で最も古くからある宝物を管理する
正倉院の中の暦にも記載されています。
 
十二直の「直」という字には、「當たる(あたる)」という意味があり、
吉凶判斷がよく的中する暦注だと信じられてきました。
最近では「六曜」の方を重視する人が多くなり、以前ほどは使はれなくなっています。
 
 
十二直 吉凶 意味 吉事 凶事
たつ 中吉
この日は大吉にて
万によし、
但し
土をうごかし
船のりは悪し。
神仏の祭祀、
婚礼、
新事業の開始、
開店、移転、
柱建て、棟上げ、
金銭の収納、
新衣の初着等
動土、蔵開き、
舟乗り始め
のぞく 小吉
何事にもわるき
事をよける日なり、
物を捨てるに
大いによし。
医者の
かかり始め、
薬の飲み始め、
井戸掘り、
種まき等
婚礼の取り決め、
夫婦交媾、
動土
みつ 大吉
神祭り、家造り、
移転、婚礼、開店
たねまき
土をうごかす等よし。
神祭り、
建築、移転、
新事業の開始
婚礼等の祝い事、
旅行、種まき、
動土など全て
特になし
たいら 大吉
よしあし
共に平かなり、
すべて相談事には
大いによし。
婚礼等の祝い事、
種まき、旅行、
地固め、柱建てなど
動土
さだん 小吉
この日は
たねまき、婚礼、
井戸掘等
万事さだめる事には
大いによし。
建築、
棟上げ、柱建て、
移転、開業、
婚礼等の祝い事、
種まき、売買等
植物の植え替え、
旅行、訴訟など
とる 小吉
この日は
五穀の取入れ
物の買入れ
すべて手に入れる事に
よし。
神仏の祭祀、
婚礼、種まき、
造作など
金銭の出し入れ、
財産整理
やぶる 大凶
この日は
やくそく、相談、
その他のとり決め等に
よろしからず。
訴訟、交渉事

神仏の祭祀、
婚礼などの

祝い事、
造作、移転、
取り決め事

あやう 大凶
この日は
何事にもあやうき日
故、たび立ち、
船のり等に
わるし。
酒造り

吉事以外のこと

全て
特に、

旅行、登山、
船出などを

慎むべし

なる 小吉
この日は
金談、その他開店、
披露、柱立等に用いて
さわりなし。
建築、柱建て、
移転、開業、
婚礼、結納等の
祝い事、
種まきなど、
新たに始めること

訴訟、

交渉事など

おさん 小吉
この日は
おさむという日
故、収穫、その他
諸事に用いて
さわりなし。
五穀(作物)の収納、
物品購入など、
万物を
納め入れること

見合い、

婚礼など

ひらく 小吉
この日は
入学、開業、諸事
前途の望み
とぐるによし、
進んで大吉。
移転、建築、
婚礼、開業、
入学など

葬式を

始めとする
不浄事

とづ
この日は
閉ずという日
故、開店、その他
万事に悪日なり、
墓石立に吉。
金銭の収納、
墓を建てる、
トイレ造りなど
開店(開業)、
婚礼、棟上げ、
柱建てなど



f:id:linderabella:20200616092637j:plain