よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

縁起物(飲食物)

熨斗鮑(のしあわび)

「熨斗鮑」(のしあわび)とは、 鮑の肉を薄く剥ぎ、引き伸ばして乾かしたものです。 古くは食料に用い、 後には儀式の肴(さかな)として、また、進物などに添えて贈りました。 「鮑」(あわび)は神様への供物の代表的なものですが、 栄養価が高く、日持ち…

神饌(しんせん)

「神饌」(しんせん)とは、「御饌」(みけ)とも言って、 お祭りなどで神様に献上するお食事のことです。 神様にお食事を差し上げておもてなしをして、 そのお下がりを参列した人達でいただく行為・「神人共食」が、 日本の祭りの特徴であるとも言われてい…

雛祭りの食べ物

菱餅 ひなあられ 白酒 桃花酒(とうかしゅ) 蛤(はまぐり) 田螺(たにし) 菱餅 雛飾りには欠かせない「菱餅」は、 植物としての菱の強い繁殖力にあやかり、「子孫繁栄」を願うものです。 菱の実は滋養強壮に良いとされています。 赤白緑の三段の菱餅は、 …

昆布(こんぶ)

縁起のいい食べ物として、 結婚式やおめでたい席に欠かすことの出来ない いわば日本人の必須ラッキーアイテム「昆布」。 鎌倉・室町時代から今日まで、 「よろこんぶ」として縁起物とされています。 そんな「昆布」ですが、 その歴史はあまりに古く、確かな…

スルメ

日本においては古くからイカを食用としており、 保存が出来る乾物加工品としての「スルメ」も古い歴史があります。 古典的な儀式や儀礼の場では「縁起物」として扱われてきました。 「スルメ」の語源は、 墨を吐き、群れる事から来る「スミムレ(墨群れ)」…

鰹節(かつおぶし)

鰹節は、その切り口が松の木の年輪に似ていることから、 松の気高さを讃える意味で「松魚節」と呼ばれています。 また「勝魚」「勝男節」とも呼ばれて縁起が良いものとされ、 祝儀、中元、歳暮の贈り物として使われてきました。 特に、結納や結婚式では、鰹節…

角樽(つのだる)

「角樽」(つのだる)は、樽の左右から突き出した把手に、持ち手の柄を渡した 酒容器です。 婚礼や結納の他、誕生、新築、開店、創業記念、還暦・米寿、公演のご祝儀など おめでたい行事に使われる縁起物です。 その歴史は古く、室町時代頃に用いられていた…

辻占煎餅(つじうらせんべい)

「辻占煎餅」は、江戸や大阪など都市部で作られ始めた瓦煎餅で、 恋にまつわる文句も多いことから、「恋の辻占」と呼ばれ、 辻占売りが夜の花街や繁華街を売り歩いたものでした。 中に挟んだ紙片には、大吉小吉などの吉凶や、一言文句、おめでたいことわざ、…

福梅(ふくうめ)

「福梅」は、石川県全域と富山の一部で愛される新春を彩る 「紅白の梅形もなか」です。 加賀藩主・前田家が祖先と崇める菅原道真を祭った北野天満宮の大祭の 献茶式で使われた餅菓子「寒紅梅」(かんこうばい)をヒントに考案されたという説、 前田家の家紋…

粔籹(おこし)

「粔籹」(おこし)はおこし米とも言い、 米や粟などを熱して干した後、 熱した砂糖や水飴に混ぜ、型に入れ乾燥させた干菓子のことをいいます。 「おこし」は 日本で最も古い歴史を持つお菓子と言われています。 弥生時代の出土品には、「糒」(ほしいい;米…

鯛(たい)

鯛はその姿や薄紅色の美しさから、 魚の王様として、祝いの膳には欠かせない食材です。 「めでたい」の語呂合わせや、「大位」(たい)の当て字、 「腐っても鯛」などのことわざも、鯛の位の高さを表しています。 鯛は縄文時代の昔から食べられており、遺跡…

伊勢海老(いせえび)

日本では高級食材としてお馴染みの「伊勢海老」。 正月料理など祝いの席によく出る、赤く硬い殻と長い触覚が立派なエビです。 名前の由来 名前の由来は諸説あるようです。 伊勢地方の海で多く獲れたことから「伊勢」の名前がついた説 カブトが甲冑に似ていて…

粽・柏餅

「粽」を端午の節句に食べるようになったのは、 Chinaが起源だと言われています。 Chinaでは古来、粽は水神への捧げものでした。 今からおよそ2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。 屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思…

三月三日は「桃の節句」。 桃の花を飾ったり、桃花酒を飲む習慣があります。 食べても美味しい桃ですが、 桃は多くの実がなることから多産の象徴と言われ、 その生命力から、「不老長寿」、「魔除け」の力があると考えられました。 記紀(『古事記』『日本書…

赤飯

「赤飯」とは、もち米に「小豆」または「ささげ豆」を混ぜて蒸したごはんで、 おめでたい席で食される、日本人のお祝い事には欠かせない伝統的な料理です。 その昔は小豆やささげを入れたご飯ではなく、 「赤米」を蒸したものだったようです。 日本では古く…

初午いなり・初午団子・しもつかれ

初午いなり 稲荷神社といえば「狐」。 狐といえば「油揚げ」が大好物。 という訳で、 初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを 奉納しました。 これが「いなり寿司」の始まりです。 「稲荷神社」も「いなり寿司」も親しみを込めて 「おいなりさ…

「恵方巻き」のルール

節分の日に、 その年の恵方を向いて(令和3年は「南南東」) 一本丸ごと食べると縁起がいいとされる太巻きを 「恵方巻き」と言います。 大坂を中心とした行事です。 「恵方巻き」のルールです。 はたして、縁起を担ぐにはどうやって食べればよいのでしょう…

十八粥(団子粥)

1月18日は「十八粥」の日です。 この日は、 「小正月」の1月15日に作った「小豆粥」を取って置いたものに、 「餅花」(小正月に小さく切った餅やだんごを木にさして飾ったもの)や 団子を入れて粥を作り、朝に食べます。 団子を入れるため「だんご粥」…

初鰹(はつがつお)

今日から二十四節気「清明」。 「清明」は空気が澄み、空も青く、本当に気持ちいい時季なのですが、 新年度のスタートで、慣れない環境で疲れが出やすかったり、 朝晩と日中の温度差が大きく体調を崩しやすい時期だったりもします。 そこで、疲労回復に効果…

春の七草

よく知られた昔の和歌に 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。 「人日の節句」(1月7日)の朝には、 7種の野菜が入った「七草粥」を食べると邪気を払い万病を除くと、 古くから言い伝えられてきた…

お屠蘇

年の初めに長生きを祈って頂く薬酒が「お屠蘇」です。 お屠蘇に入れる「屠蘇散」は正式には「屠蘇延命散」と言います。 邪気を屠り、心身を蘇らせる効果があるということから、 正月にその一年の無病息災を願って、「屠蘇」の入った袋をお銚子に入れ、 酒や…

お節料理

おせちは「お節」と書きますが、これは元々節供からきた言葉です。 節供とは、折々の節目に神様に感謝し、 お供え物を捧げて神様と人が一緒にごはんをいただくことです。 そのお供え物を「節供料理」と言います。 中でも正月は一年で最も大事な節目なので、 …

お雑煮

「お雑煮」は 歳神様(年神様)にお供えした「餅」のご利益を頂戴するために、 年神様(歳神様)の魂が宿った「餅」を 野菜や鶏肉、魚介などと一緒に煮込んで作る、 お正月には欠かせない料理です。 お雑煮の由来 「お雑煮」の歴史は古く、 平安時代から既に…

年越しそば

「年越しそば」には、 「今年の苦労や不運を切り捨てて、新しい年を迎える」という意味が 込められています。 蕎麦は元々、「精進料理」として食べられていましたが、 貴族や武士、そして庶民へと広まり、日本全国で食べられる様になりました。 そして、大晦…

鏡開き

お正月の間、歳神様(年神様)の居場所になっているのが「鏡餅」。 そのため、歳神様(年神様)がいらっしゃる「松の内」の間は飾っておき、 「松の内」を過ぎたら下げて食べ、歳神様(年神様)をお送りします。 「鏡開き」は、 「松の内」を1月7日までと…

福茶(ふくちゃ)

「福茶」は元旦に汲んだ若水を沸かして茶を飲む習慣のことを言います。 「福茶」の起源は平安時代に遡り、 疫病に侵された天皇が、観音像に供えられたお茶を飲み回復したことから、 これに倣って1年の邪を払うために、お正月に特別なお茶を飲み始めたと 言…

三日とろろ

南東北や関東甲信越地方では、1月3日に一年の健康を願って 「とろろ汁」や「とろろご飯」をいただく習わしがあります。 (1月4日に「とろろご飯」を食べる「四日とろろ」と呼ぶ地域もあるそうです。) 山芋をすりおろしたとろろには、 胃腸を整えたり、…

鏡餅

元旦には、「歳神様」(年神様)という神様が、 1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされています。 そして、お迎えした年神様の依り代(よりしろ)、つまり居場所が 「鏡餅」なのです。 重ねた餅はそれだけでめでたさを表し、更に海の幸、山の…

お事汁(おことじる)

「お事汁」とは、 旧暦12月8日、2月8日の「事八日」(ことようか)に、 無病息災を祈って食べる野菜たっぷりの味噌汁のことです。 お事汁は別名「六質汁」(むしつじる)とも呼ばれ、基本の食材として里芋、大根、人参、牛蒡、蒟蒻、小豆の6種類の具材を使っ…

トップに戻る