よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

熊手(くまで)

年末の風物詩「酉の市」 (とりのいち) 。 酉の市では、境内や門前に熊手の市が立ち、露天商が軒を並べます。 「熊手」には、 鷲が獲物を掴んでいる様子に似ているため「福を掴んで離さない」という意味や、 落ち葉などを集めることから「福をかき集める」と…

葵祭

京の三大祭の中で最も古いこの祭礼は、 正式には「賀茂祭」と言われ、 上賀茂神社(上社)と下鴨神社(下社)で 5月1カ月間に行われる祭礼の1日を指しています。 京都三大祭 葵祭・祇園祭・時代祭 『山城国風土記』によると、6世紀中葉の欽明天皇(540~5…

えびす講

「えびす講」は、恵比寿様を祀って商売繁盛を願う行事です。 七福神の一人でもある恵比寿様は 烏帽子を被り、右手には釣り竿、左手には鯛を抱えた姿でお馴染みの 「商売繁盛」の神様であり、 農村では「豊穣の神様」、漁村では「豊漁の神様」としても 信仰さ…

トップに戻る