うまずたゆまず

コツコツと

暦・歳時記

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この日に一粒の米をまくと、 万倍の稲穂となって 大きな富をもたらしてくれると言われる「一粒万倍日」。 何事を始めるにも良い日とされている日です。 特に「小さなものを大きく増やす」という 「一粒万倍」の意味が当てはまる 「宝くじ」や「貯金」などに…

二十八宿「鬼宿」

「鬼宿日」は 鬼が宿にいて、外を出歩かないので、 鬼に邪魔をされずに、 様々なことを行うことが出来る 「大開運日」 とされています。 「鬼宿日」は、何事をするにも良い吉日とされていますので、 宝くじ購入や新しい財布を使い始めるなど 「金運に関連す…

大安(たいあん)

「大安」とは、一日を通して縁起が良いとされている日で、 「六曜」と呼ばれる日本の歴史の中でも有名な「歴注」のひとつです。 文字通り「大いに安し」という意味で、六曜の中でも一番の吉日! 一日中、あらゆることが「吉」なので、 結婚式や結納の日に選…

七十二候「菊花開」

菊の花が咲き始める頃となりました。 旧暦9月9日(令和3年10月14日)の「重陽の節句」を迎える時期で、 菊で長寿を祈願しました。 www.linderabell.com 「桜」が日本の春を代表する花であるのに対し、 「菊」は日本の秋を象徴する花です。 後鳥羽上皇は、殊…

不成就日

「ふじょうじゅび」または 「ふじょうじゅにち」と読みます。 「不成就日」は、 日本の古来からある暦の「選日(撰日)」(せんじつ)の一つです。 「選日」とは、暦注のどのカテゴリ以外のものの総称です。 「撰日」、「雑注」とも呼びます。 日の吉凶を占…

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」は、 「屋立てあし」「蔵立てあし」ということから 建築関係の「大凶日」とされ、 文字通り「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」 と言われていました。 また、「高いところへ登ると怪我をする」と 注記されている暦もあります。 江…

巳の日

巳の日は「金運財運に良い日」とされています。 巳の日の「巳」とは蛇のことです。 蛇は財運を司っている動物で、 世界各国でも神様の象徴としてとても大切にされてきました。 脱皮を繰り返し生きる蛇は、 生命力が強く龍にも似た姿からも 「富のシンボル」…

天一天上

「天一神」という方角神が、 天に上っておられる期間のこと。 この16日間は「天一神」の祟りはなく、 どこに出掛けるのも「良し」とされています。 その代わりに 「日遊神」が地上に降りて家の中に留まるので、 この期間は家の中を清潔にしなければ 「日遊…

寅の日

「寅の日」は 吉日の中でも最も金運に縁がある日で、 「金運招来日」とも言われています。 古来より 「寅は千里往って千里還る」 (とらはせんりいってせんりかえる) ことから、非常に勢いがあり、 ビジネスのスタートや旅行にも好日とされています。 寅は…

十方暮(じゅっぽうぐれ)

「十方暮」は陰陽五行説に基づく「暦注」で、 干支(十干十二支)の 21番目に当たる「甲申」( きのえさる)の日から 30番目の「癸巳」(みずのとみ)に至る10日間を指します。 この期間中は、十方の気が塞がって、 何の相談事も上手くいかず、労して…

受死日

「じゅしび」とか「じゅしにち」と読みます。 死を受ける日という字面から見ても、 縁起の良くない日だとは思われますが、 どういう日なのでしょうか? 受死日とは? 「受死日」はどうやって決まる? 受死日に避けたほうがいいこと 受死日と十死日の違い 受…

二十四節気「寒露」

「寒露」とは、 「草木に冷たい露(つゆ)が降りる時期」 という意味です。 「露」が冷たい空気と接して「霜」に変わる直前で、 朝晩ぐっと冷えるようになります。 この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。 夜には月も美しく…

七十二候「鴻雁来」

「鴻雁来」(こうがんきたる)とは、 暖かい南へと下っていくツバメと入れ違いに、 雁が北から渡ってくる頃という意味です。 「鴻雁」とは、渡り鳥の「ガン」のことですが、 「鴻」は「ひしくい」と読み、大型のガンのことを言います。 「雁」は小型のがんを…

七十二候「水始涸」

「みずはじめてかる」と読みます。 この「みずかれる」は、 川の水とかが涸れることを言っているのではありません。 田の水がなくなり、色づいた稲穂が頭を垂れる頃、 稲穂根づく田から水が減り、収穫の時期になった、 ということを意味しています。 実った…

犯土(つち・ぼんど):大犯土・小犯土

「犯土」と書いて、 「つち」または「ぼんど」と読みます。 「大犯土」(おおつち・おおづち)または 「大 土」(おおつち・おおづち)と、 「小犯土」(こつち ・こづち )または 「小 土」(こつち ・こづち )の 2つの期間があり、 「大犯土」は 「庚午…

十死日

「じゅうしにち」または「じゅうしび」と読みます。 十死日とは? 「十死日」は、昔の暦に「十し」と記載されていた、 「十死」「十死一生日」「天殺日」などとも言われている 「凶日」です。 「受死日」に次いで最悪の日と言われており、 「十死一生日とい…

お彼岸

暑さ寒さも彼岸まで・・・。 「春分の日」と「秋分の日」は昼夜の長さがほぼ等しく、 気候の変わり目でもあり、 この頃になると、冬の寒さも夏の暑さも薄れて、 過ごしやすい気候になっています。 お彼岸とは お彼岸の期間 令和3(2021)年「お彼岸」の日程…

お彼岸Ⅰ「六波羅蜜」

「六波羅蜜」とは、 この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための 六つの修行をいいます。 「波羅蜜」とは、 煩悩・迷いの世界である「此岸」(この世)を離れて、 今生きているこの身このままに、 悟りの境地である「彼岸」に到るように精進していくと…

お彼岸Ⅱ「おはぎ・ぼたもち」

お彼岸のお供えものの定番と言えば 「おはぎ」や「ぼたもち」。 いずれも、餅米とうるち米を混ぜて炊き、 適度に潰して丸めたものを小豆あんで包んだ和菓子ですが、 季節によって呼び名や作り方が変わります。 1.ぼたもち 春に咲く牡丹の花に因んで、春は…

お彼岸Ⅲ「お墓参り」

お彼岸と言えば、やはり「お墓参り」ですね。 ただ、中日の「春分の日」や「秋分の日」には 「お墓参り」をする方が多いため、霊園が混雑して、 慌てて「お墓参り」を済ませてしまうということも あったのではないでしょうか? お彼岸の「お墓参り」は、お彼…

秋分の日

「秋分の日」は 「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として 国民の祝日として定められています。 因みに、「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」です。 法律上の定義 日付 秋の大型連休『シルバーウィーク』日程 「国民の祝日」に定…

二十四節気「秋分」

二十四節気のひとつ「秋分」は、暦の上では秋の中間に当たり、 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになる頃です。 この日を境に夜の時間が長くなっていきます。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「陰陽の中分と…

七十二侯「雷乃収声」

「かみなりすなわちこえをおさむ」と読みます。 夏の間に鳴り響いた雷が鳴らなくなる頃。 「春分」の末侯「雷乃声発」(かみなりすなわちこえをはっす)と 対になっていて、 春分の頃から鳴り始めて夏の間鳴り響いた雷が 声を収めるようになります。 ところ…

十五夜

お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべます。 十五夜とは 中秋の名月? 仲秋の名月? 仲秋の名月 中秋の名月 お供え物について 月見団子 芒、薄(すすき)の穂 秋の七草 農作物(里芋・栗・大豆) 里芋 栗 大豆 月とうさぎ 月うさぎの伝説 餅つき …

お月見(おつきみ)

潮の満ち引きが、主に月の引力によって起こるように、 月の満ち欠けによって暦の日を定めたように、 月とは古来より、人の暮らしにとってかけがえのないものでした。 実際、様々な行事が「満月」の日の行われます。 特に、「十五夜」は、 この季節に採れる里…

敬老の日

9月の第3日曜日は「敬老の日」です 長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、 長寿を祝う国民の祝日です。 各地で敬老に因んだ行事が行われ、 家庭では、父母や祖父母を労ってお祝いを贈ったり、 ごちそうをいただいてお祝いしたりします。 「敬老の日…

金運・財運最強の日「己巳」(つちのとみ、きどのみ、きし)

「巳の日」とは、 技芸上達・金運・財運開運・縁結び・学業成就などにご利益のある 「弁財天」という神様にご縁のある日です。 この日に弁財天様のお使い・白蛇様にお願いごとを伝えると、それが弁財天様へと伝わり 、金運や財運アップに繋がるとされていま…

七十二候「玄鳥去」

「つばめさる」と読みます。 春先にやってきたツバメが子育てを終え、 越冬のために南へ旅立つ頃となりました。 ツバメは夏の風物詩です。 夏の間に家の軒下に巣を作って子を産み育て 気温が低下してエサが少なくなると、南へ移動し始めます。 陰暦8月のこ…

「甲子の日」・・・今日から始めよう!

「甲子」は、「きのえね」「こうぼくのねずみ」「こうぼくのね」「こうし」「かっし」と読みます。 日本人は古来より、 「十干」「十二支」からなる 六十通りの組み合わせを年や月日に当てはめ、暦としてきました。 十干 甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 十二支 子 丑 …

七十二候「鶺鴒鳴」

「チチッチチッ」と鈴のように高い声を放ちながら、 秋の空を爽やかに飛んでいくセキレイは、 細いくちばしと長い尾が特徴の、細っそりした体つきの鳥です。 羽色は主に背黒・白・黄の3種類が見られ、 それぞれセグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイと…