うまずたゆまず

コツコツと

和の暮らし

八幡神(はちまんじん)

全国には様々な神々を祀る神社があります。 その中で最も多いのが、 「八幡神」(やはたのかみ、はちまんしん)を御祭神とする八幡神社です。 八幡大菩薩 別称 御利益 主要神社 八幡大菩薩 日本各地に隈なく鎮座している八幡神社・ 八幡宮は、 八幡神を祭神…

高倉下(たかくらじ)

高倉下(たかくらじ)は、 神武天皇東征中の最大の危機を救った熊野の土豪です。 高倉下が剣を献上すると、神武天皇と全軍は再び活力を取り戻し、 一気に熊野の地を征服したと言われています。 夢のお告げにより、神武天皇を救う ご利益(神徳) お祀りする…

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)は 天照大御神天(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋戸に隠れた時に、 三種の神器のひとつ「八咫の鏡」を作った神様です。 また、天孫降臨の際には、「五伴緒神」(いつとものおのかみ)の一柱として、 邇邇芸命に付…

石折神(いはさくのかみ)・根折神(ねさくのかみ)

伊邪那岐命が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)の首を斬り落とした際、 剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様。 火之迦具土神の血より生まれた神々 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 火之迦具土神の血より生まれた神々 伊邪那美命は「神…

經津主神(ふつぬしのかみ)

經津主神(ふつぬしのかみ)は、香取神宮の祭神です。 『古事記』には登場せず、『日本書紀』にのみ登場する 「国譲り」を成功させた建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)と並び称され る武神です。 經津主神(おおやまくい)の神名の由来 香取神宮の祭神…

大山咋神(おおやまくいのかみ)

大山咋神(おおやまくいのかみ)は、 「松尾さま」の愛称で全国的に崇められる酒造りの神です。 日吉大社、日枝神社とも縁が深く、 山末之大主神・山王権現・鳴鏑神・日吉山王権現などとも記されます。 大山咋神(おおやまくい)の神名の由来 賀茂建角身命と…

邇芸速日命(にぎはやひのみこと)

邇芸速日命(にぎはやひのみこと)は 神武天皇(→神倭伊波礼毘古命)の東征の際に出会った神で、 邇邇芸命(ににぎのみこと)とは別に、 天磐船(あめのいわぶね)に乗り、天降った神とされています。 先に大和へ天下った物部氏の祖神 物部氏 別名 神格 ご利…

八咫烏(やたがらす)

「八咫烏」は神武東征の折、道案内をしたと言われる烏であり、 「導きの神」として信仰されています。また、太陽の化身ともされています。 導きの神 ご利益(神徳) お祀りする神社 導きの神 『古事記』によると、 東征中の神武天皇が熊野の山中で苦境に陥っ…

鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)

天津神の子孫である火遠理命・日子穂穂手見命(ひこほほでみのみこと)と 海神の娘である豊玉毘売との間に生まれた神。 初代・神武天皇の父にして、農業と漁業の守護神です。 神武天皇の父神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 神武天皇の父神 『古事…

玉依毘売(たまよりびめ)

玉依毘売(たまよりびめ)は海の神の大綿津見神の娘で、 火遠理命(ほおりのみこと)の妻・豊玉毘売(たまよりひめ)の妹にして、 その御子である鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と結婚して、 神武天皇の母となります。 神代を人代とを繋ぐ存在…

豊玉毘売(とよたまびめ)

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」で生まれた 海神・大綿津見神(おおわたたつみのかみ)の娘。 山幸彦(やまさちひこ)である火遠理命(ほおりのみこと)の妻として、 その御子である鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を産みます。 海神・水神…

火遠理命(ほおりのみこと)

火遠理命(ほおりのみこと)は、「山幸彦」の名で知られています。 邇邇芸命(ににぎのみこと)、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)とともに、 神話と歴史を繋ぐ「日向三代」の一柱です。 名前の由来 海幸彦・山幸彦 別称 神格 ご利益(神徳) お…

石長比売(いわながひめ)

山の神様・大山津見神(おおやまつのかみ)の娘で、不老長寿の神様。 健康長寿の神 貴船神社結社 銀鏡神社(しろみじんじゃ) 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 健康長寿の神 「石(磐)」は「とわ(常・永久)」に通じる事から、長く変わらないこと…

木花咲耶比売(このはなのさくやひめ)

木花咲耶比売(このはなのさくやひめ)は、 山の神の総元締である大山津見神(おおやまつのかみ)の娘であり、 天照大御神の孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)と結婚して 日継の御子を生む母神です。 絶世の美女とされ、桜の花が満開になればやがて散るように…

猿田毘古神(さるたひこのみこと)

天孫「邇邇芸命」の神降りの際に道案内を行った国津神ということで、 「道開きの神として信仰を集めています。 道開きの神 縁結び 天狗の元祖といわれる神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 道開きの神 天孫・邇邇芸命(ににぎのみこと)が天降りし…

沼名河比売命(ぬなかわひめ)

八千矛神が妻訪いしたとある高志(越後国)の「沼川」辺りの女神で、 建御名方神の母。 武神・刀剣の神 古事記に初めて出てくる恋の歌 別称 ご利益(神徳) お祀りする神社 武神・刀剣の神 大国主神は高志に美しい姫がいると聞き、大船団を引き連れてやって…

建御名方神(たけみなかたのかみ)

大国主神の御子神。 出雲の国譲りの時に、武の神・建御雷神に果敢にも挑み、 諏訪の地に封じ込められてしまった神。 このため、劣勢の状況でも容易には屈しない、強い武威を示す神とも言え、 敗北を喫した神でありながらも「日本三軍神」に入り、 武田信玄を…

事代主神(ことしろぬしのかみ)

大国主神の御子神。 出雲の国譲りの際に釣りをしていたことから、 「釣りの神」が転じて、「豊漁の神」として崇められています。 また、七福神の「えびす様」と同一視されてもいて、 商売繁盛の神さまとして崇められることの方が一般的となっています。 託宣…

天若日子(あめのわかひこ)

「天若日子」(あめのわかひこ)は 「誓約」(うけい)で生まれた5柱の男神の、 3番目に生まれた「天津国玉神」(あまつくにたま)の子で、 「国譲り」の際に、3番目に交渉役として派遣された神様です。 稲穂の神 別称 継続 ご利益(神徳) お祀りする神…

天之菩卑能命(あめのほひのみこと)

天照大御神と須佐之男命の「誓約」(うけい)の際、 天照大御神に続いて、 須佐之男命が天照大御神から勾玉をもらい受け、 井戸水に振りすすいでから口に噛み、 息を吐き出した霧から二番目に生まれたのが、 「天之菩卑能命」(あめのほひのみこと)です。 …

少名毘古那命(すくなひこなのみこと)

大国主神と協力し合って国を作り堅めた神様。 医術や呪術、酒造りや温泉の神としても信仰されています。 小柄な神様で、 後世の倭姫命の小虫生成説や一寸法師などの説話の祖型とも 見られています。 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 少名毘古那命(…

天火明命(あめのほあかりのみこと)

「天火明命」(あめのほあかりのみこと)は 「誓約」(うけい)で生まれた天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)と 高御産巣日神の娘・万幡豊秋津師比売命との間に生まれた第一子。 第二子が「邇邇芸命」です。 稲穂の神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀り…

天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)

天照大御神と須佐之男命の「誓約」(うけい)の際、 天照大御神に続いて、須佐之男命が天照大御神から勾玉をもらい受け、 それを井戸水に振りすすいでから口に噛み、息を吐き出します。 そうして生じた霧から最初に生まれたのが、 天忍穂耳命(あめのおしほ…

八上比売命(やがみひめのみこと)

八上比売命(やがみひめのみこと)は、因幡の国に住む美しい女神様です。 「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)で登場し、大国主命に嫁ぐことになりました。 大国主命の最初の妻 地元で伝わっている神話 日本三美人の湯「湯の川温泉」 別称 ご利益(神徳) …

𧏛貝比売(きさがいひめ)・蛤貝比売(うむぎひめ)

𧏛貝比売(きさがいひめ)・蛤貝比売(うむぎひめ)はともに、 『古事記』の出雲敬神話に登場する二柱の女神で、 命を落とした大国主命を復活させる重要な役柄を担います。 大国主を復活させた女神達 別名 ご利益(神徳) お祀りする神社 大国主を復活させた…

大屋毘古神(おおやびこのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」生んだ神様で、 「家宅六神」のうちの一柱で、「屋根の神」です。 屋根の神 厄難除け木の俣くぐり 別称 ご利益(神徳) お祀りする神社 屋根の神 伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」で生んだ神様で、 家宅六神のうちの一…

久延毘古(くえびこ)

案山子(かかし)の姿をした、田んぼの神様。 天下のことは何でも知る、知恵と知識の神様でもあります。 田んぼの神様 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 田んぼの神様 大国主命が御大御前(美保岬)の海岸に立っていると、 波間に「天の羅摩船」に乗り、…

大屋都姫命(おおやつひめのみこと)・抓津姫命(つまやつひめのみこと)

須佐之男命の娘。 兄神の五十猛神とともに、須佐之男命が生み出した木々の種を播いて回り、 日本を緑豊かな土地にしました。 林業の女神 林業や建築業の女神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 林業の女神 須佐之男命の御子神である五十猛神と、 妹神…

五十猛命(いそたけるのみこと)

須佐之男命の御子神。 樹木の普及分布活動を行い、日本を緑豊かな土地にした植樹の神様です。 木業の神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 木業の神 高天原を追放された須佐之男命は御子神の五十猛神を伴って 朝鮮半島の新羅国に天下りました。 新羅…

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

須佐之男命と大山津見神の娘・神大市比売(かむおおいちひめ)との間の子で、 兄神に五穀豊穣の神の「大年神」(おおとしのかみ)がいます。 稲・穀物・食物の神、商売繁盛の神として有名。 また、全国各地に数多くある「お稲荷さん」で知られる 稲荷神社の…