うまずたゆまず

コツコツと

和の暮らし

八幡神(はちまんじん)

全国には様々な神々を祀る神社があります。 その中で最も多いのが、 「八幡神」(やはたのかみ、はちまんしん)を御祭神とする八幡神社です。 八幡大菩薩 別称 御利益 主要神社 八幡大菩薩 日本各地に隈なく鎮座している八幡神社・ 八幡宮は、 八幡神を祭神…

石折神(いはさくのかみ)・根折神(ねさくのかみ)

伊邪那岐命が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)の首を斬り落とした際、 剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様。 火之迦具土神の血より生まれた神々 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 火之迦具土神の血より生まれた神々 伊邪那美命は「神…

經津主神(ふつぬしのかみ)

經津主神(ふつぬしのかみ)は、香取神宮の祭神です。 『古事記』には登場せず、『日本書紀』にのみ登場する 「国譲り」を成功させた建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)と並び称され る武神です。 經津主神(おおやまくい)の神名の由来 香取神宮の祭神…

大山咋神(おおやまくいのかみ)

大山咋神(おおやまくいのかみ)は、 「松尾さま」の愛称で全国的に崇められる酒造りの神です。 日吉大社、日枝神社とも縁が深く、 山末之大主神・山王権現・鳴鏑神・日吉山王権現などとも記されます。 大山咋神(おおやまくい)の神名の由来 賀茂建角身命と…

八咫烏(やたがらす)

「八咫烏」は神武東征の折、道案内をしたと言われる烏であり、 「導きの神」として信仰されています。また、太陽の化身ともされています。 導きの神 ご利益(神徳) お祀りする神社 導きの神 『古事記』によると、 東征中の神武天皇が熊野の山中で苦境に陥っ…

天火明命(あめのほあかりのみこと)

「天火明命」(あめのほあかりのみこと)は 「誓約」(うけい)で生まれた天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)と 高御産巣日神の娘・万幡豊秋津師比売命との間に生まれた第一子。 第二子が「邇邇芸命」です。 稲穂の神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀り…

大屋都姫命(おおやつひめのみこと)・抓津姫命(つまやつひめのみこと)

須佐之男命の娘。 兄神の五十猛神とともに、須佐之男命が生み出した木々の種を播いて回り、 日本を緑豊かな土地にしました。 林業の女神 林業や建築業の女神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 林業の女神 須佐之男命の御子神である五十猛神と、 妹神…

五十猛命(いそたけるのみこと)

須佐之男命の御子神。 樹木の普及分布活動を行い、日本を緑豊かな土地にした植樹の神様です。 木業の神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 木業の神 高天原を追放された須佐之男命は御子神の五十猛神を伴って 朝鮮半島の新羅国に天下りました。 新羅…

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

須佐之男命と大山津見神の娘・神大市比売(かむおおいちひめ)との間の子で、 兄神に五穀豊穣の神の「大年神」(おおとしのかみ)がいます。 稲・穀物・食物の神、商売繁盛の神として有名。 また、全国各地に数多くある「お稲荷さん」で知られる 稲荷神社の…

大年神(おおとしのかみ)

須佐之男命と大山津見神の娘・神大市比売(かむおおいちひめ)の間に生まれた 豊年を神格化した神で、 転じて食物や穀物の豊穣・収穫を意味する神様です。 五穀豊穣の神 年神様(歳神様・歳徳神様) 大年神の御子神 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 五穀…

天宇受賣命(あめのうずめのみこと)

天岩戸に籠った天照大御神を招き出すための祭儀の折り、 神がかりになって踊った女神です。 この時に踊った踊りが「石見神楽」のルーツと言われています。 芸能を司る神として、様々な芸能関係者から篤い崇敬を集めています。 芸能の神 神楽や俳優の原点 神…

天之手力男神(あめのたぢからおのかみ)

天岩戸伝承で、岩戸の中に閉じ籠った天照大御神を外の世界に引きずり出した神。 このため、「筋力の神」と称えられ、「スポーツの神」と言われています。 二度と天照大御神が岩戸の中に閉じ籠らないように、 遠くに蹴り上げた岩戸が、戸隠山になったと言われ…

布刀玉命(ふとだまのみこと)

天照大御神の天岩戸籠りで、 大きな賢木(さかき=榊)を太御幣(ふとみてぐら=神への立派な供物)として 手に持って、天照大御神の出現を祈った神です。 古代朝廷における祭祀を担当する忌部氏の祖先神です。 占いの神・祭具の神 天孫降臨 別称 神格 ご利…

天児屋命(あめのこやね)

天岩戸伝承に登場する神々の一神であり、祝詞の神様と言われています。 また、中臣氏の祖神様であることから、 中臣鎌足を祖とする藤原氏の氏神様として信仰されています。 占いの神・祭具の神 天孫降臨 藤原氏の祖神 別称 神格 ご利益(神徳) お祀りする神…

天津麻羅(あまつまら)

「天岩戸」の際、石屋に籠った天照大御神を外へ出すために、 鍛人として鏡の作成に携わった神様です。 今では金工や鍛冶の神として祭られています。 鍛冶の神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 鍛冶の神 天照大御神が天の岩屋戸に閉じ籠ってしまった…

思金神(おもいかね)

思金神(おもいかね)は、「天岩戸開き」や「国譲り」でアドバイスをする、 思慮深く、多くの知恵を持ち、高天原の知恵袋とも言える神です。 高天原を主導する「高御産巣日神」(たかみむすびのかみ)の御子とされます。 知恵を司る神 天岩戸開き 国譲り 天…

住吉三神(すみよしさんしん)

住吉三神(すみよしさんしん)とは、 「底筒之男命」(そこつつのをのかみ)・「中筒之男命」(なかつつのをのかみ)・ 「上筒之男命」(うはつつのをのかみ)の総称のことです。 海の神 航海の安全や大漁を願う海の神 和歌の神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社…

禍津日神(まがつひのかみ)

黄泉国から生還した伊邪那岐命が禊を行った際、 その穢れから生まれた 「八十禍津日神」(やそまがつひのかみ)と「大禍津日神」(おほまがつひのかみ)を 合わせて「禍津日神」(まがつひのかみ)と言います。 災いの神 別名 ご利益(神徳) 伝承地 お祀り…

豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)

穀物の神様である「和久産巣日神」(わくむすひのかみ)の娘。 食物の神様であることが知られており、 伊勢神宮の御饌(みけ)の神様として、伊勢神宮外宮に祀られています。 食物・穀物を司る女神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 食物・穀物を司…

和久産巣日神(わくむすびのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、 苦しみながらも生んだ、「神生み」の最後に生まれた神です。 後に豊受大神を生んだ、自然を育てる若々しい生成の力を神格化した存在です。 水の神 養蚕の神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りす…

彌都波能売神(みつはのめのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、 苦しみながらも生んだ、水の女神様です。 水の女神 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 水の女神 『古事記』によると、 伊邪那美命は火の神・火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだこと…

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)・波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

『古事記』によれば、伊邪那美神が「神生み」の最後に火の神を生み、 自らの陰部に致命的な大火傷を負って病床についた時に放った糞から生まれたのが 「波邇夜須毘古神」(はにやすびこ)と「波邇夜須毘売神」(はにやすびめ)です。 粘土の神 土・大地・農…

金山毘古神(かなやまひこのかみ)・金山毘売神(かなやまびめのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、 苦しみながらも生んだ、金属・鉱物・鉱山の神様です。 金属・鉱物・鉱山の神 別名 神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 金属・鉱物・鉱山の神 『古事記』によると、 伊邪那美命は火の神・火之加…

火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」で最後に生んだ火の神。 その火が原因で、伊邪那美命は亡くなってしまいます。 火を扱う業者からの崇敬が高く、 鍛冶業や焼き物業といった業者から高く崇敬されています。 また、火事を抑える役割として祀られることもあ…

鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命の神生みによって生まれた神で、 「鳥之石楠船神」(とりのいわくすふねのかみ)、 またの名を「天鳥船神」(あめのとりふねのかみ)と言います。 船の神・運輸の神・交通の神 神名 別名 ご利益(神徳) お祀りする神社 船の神・運輸…

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)

「鹿屋」は、薄や茅、菅など屋根葺きに用いられる草のことで、 草の生い茂る野の女神です。 山の神「大山津見神」とともに山野を司り、なだらかな山裾の野を治め、 4対8神ををお産みになりました。 野の神 灌漑用水の神 漬物の神 たばこの神 神名 別名 ご…

大山津見神(おおやまつみのかみ)

「山を司る神様」で、伊邪那岐・伊邪那美二神より誕生したとされています。 国土全体を山で覆われた我が国において、 大山津見神を守る神社が約3000社以上もあると言われています。 国土の約7割を占める山の支配者 多くの神々の父神 三島信仰 神名 ご利益(…

久久能智神(くくのちのかみ)

伊邪那岐・伊邪那美二神より生れた「木の神」です。 木の神 神名 ご利益(神徳) お祀りする神社 木の神 「久久」は「木々」という言葉の古代の発音をそのまま書いたもので、 植物である「木」のことを言います。 木は人に比べて圧倒的に長生きであり、 大地…

大綿津見神(おおわたつみ)

「大綿津見神」(おおわたつみ)は、 『古事記』では、伊邪那岐命・伊邪那美命の「神生み」によって生まれた 一柱であると記されています。 別名 海を司る神 海幸彦・山幸彦神話 大綿津見神の神格 ご利益(神徳) お祀りする神社 別名 『古事記』には綿津見…

志那都比古神(しなつひこのかみ)

伊邪那岐命・伊邪那美命は「国生み」の後、その次に「神生み」が始まりますが、 最初は、山、川、海、水などを神格化した自然神を生んでいきます。 その中の一つが、風の神である「志那都比古神」(しなつひこのかみ)です。 風を司る神 別名 志那都比古神の…