うまずたゆまず

コツコツと

吉凶慣習

初地蔵

地蔵尊の縁日は24日です。 特に、1年で最初の1月の大祭を「初地蔵」と言って、 年の始めの「地蔵尊」へのご供養と祈願のお参りを行い、 一年間の最上の福を願います。 「初地蔵」には2つの意味があります。 仏様には、その仏様と縁を結んで供養を行う日…

小野篁と地蔵信仰

小野篁(おののたかむら)は平安時代前期の政治家・学者・歌人です。 遣隋使・小野妹子の子孫で、 小野好古、道風(「三蹟」の一人)は、篁の孫に当たります。 博識多才で、「漢詩は白楽天、書は王羲之父子に匹敵する」と 言われたほど。 「三蹟」(さんせき…

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この日に一粒の米をまくと、 万倍の稲穂となって 大きな富をもたらしてくれると言われる「一粒万倍日」。 何事を始めるにも良い日とされている日です。 特に「小さなものを大きく増やす」という 「一粒万倍」の意味が当てはまる 「宝くじ」や「貯金」などに…

初大師(はつだいし)

「初大師」とは、その年最初の弘法大師の縁日ことです。 1月21日に開催され、「初弘法」とも呼ばれます。 この日は神奈川県の川崎大師や京都府の東寺〔教王護国寺〕は、 多くの人で賑わいます。 毎月21日は、大師、真言宗の縁日です。 真言宗の開祖・弘…

大安(たいあん)

「大安」とは、一日を通して縁起が良いとされている日で、 「六曜」と呼ばれる日本の歴史の中でも有名な「歴注」のひとつです。 文字通り「大いに安し」という意味で、六曜の中でも一番の吉日! 一日中、あらゆることが「吉」なので、 結婚式や結納の日に選…

犯土(つち・ぼんど):大犯土・小犯土

「犯土」と書いて「つち」または「ぼんど」と読みます。 この期間は、文字通り土を犯してはならない日とされ、 井戸掘りや墓を築くこと、種まき、土いじりは 一切慎むこととされています。 「犯土」の日取り 「犯土」とは 令和4(2022)年の「犯土(大犯土・小…

受死日

「じゅしび」とか「じゅしにち」と読みます。 死を受ける日という字面から見ても、 縁起の良くない日だとは思われますが、 どういう日なのでしょうか? 受死日とは? 「受死日」はどうやって決まる? 受死日に避けたほうがいいこと 受死日と十死日の違い 受…

初観音(はつかんのん)

毎月18日は観音様の縁日です。 中でも年の初め、1月18日の観世音菩薩の縁日は、 「初観音」と言って多くの信者が参詣する日で、 観音様を本尊とする寺では、様々な行事が行なわれます。 ところでなぜ観音様の縁日は18日になったのでしょうか。 宮戸川…

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」とは、この日に棟上げや建築をすると、 向こう三軒両隣まで焼き滅ぼすと言われる凶日です。 「高いところへ登ると怪我をする」と注記されている暦もあります。 昔から大工さんや建築関係者の「大凶日」とされ、 今でもこの日を避ける風習が残って…

金運・財運最強の日「己巳」(つちのとみ、きどのみ、きし)

「巳の日」とは、 技芸上達・金運・財運開運・縁結び・ 学業成就などにご利益のある 「弁財天」という神様にご縁のある日です。 この日に弁財天様のお使い「白蛇様」にお願い事を伝えると、 それが弁財天様へと伝わり、 金運や財運アップに繋がるとされてい…

初閻魔・閻魔賽日・十王詣

毎月16日は「閻魔王」の縁日です。 特に1月と7月の16日は「閻魔王の賽日」と言われ、 この日は「地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休む日」とされて、 罪人も責め苦を免れ 、骨休みになるとされました。 閻魔王は、仏教、ヒンドゥー教などでの 地獄、冥…

不成就日

「不浄日」と記載する暦もあります。 「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」と読みます。 「不成就日」は、 日本の古来からある暦の「選日(撰日)」(せんじつ)の 一つです。 「選日」とは、 暦注のどのカテゴリ以外のものの総称です。 「撰日」、…

寅の日

「寅の日」は 吉日の中でも最も金運に縁がある日で、 「金運招来日」とも言われています。 古来より 「寅は千里往って千里還る」 (とらはせんりいってせんりかえる) ことから、非常に勢いがあり、 ビジネスのスタートや旅行にも好日とされています。 寅は…

天赦日

「天赦日」は「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読み、 暦には「天しや」と書かれることもあります。 天がすべての罪を赦すという最上の吉日で、 「万(よろづ)よし」と記注されています。 天赦日とは 天赦日にすると良いといわれていること 天赦日が…

酒樽の蓋を開く「鏡開き」

1月11日は「鏡開き」です。 一年の健康と発展を祝って、 供えた鏡餅を割って食べる 新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。 酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」と言います。 古くから、酒樽の上蓋は、 丸…

「甲子の日」・・・今日から始めよう!

「甲子」は、「きのえね」「こうぼくのねずみ」「こうぼくのね」「こうし」「かっし」と読みます。 日本人は古来より、 「十干」「十二支」からなる 六十通りの組み合わせを年や月日に当てはめ、暦としてきました。 十干 甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 十二支 子 丑 …

初子(はつね)

「初子」(はつね)とは、 その年の初めての「子」(ね)の日のことを言います。 この日に大黒天を祀る社寺で行われる縁日のことを 「初子祭」(はつねさい)と言って、初詣の人々で賑わいます。 「大黒天」は福徳や財宝を与える福の神ですが、 「大黒」の「…

初金毘羅(初十日祭)

「金比羅」(こんぴら)様は、 元々は、「クンピーラ神」とされています。 「クンピーラ神」は、 ガンジス川に棲む「蛟竜」(こうりゅう)または 「鰐」(わに)が神格化されたもので、 仏教では、薬師如来の「十二神将」の筆頭 「宮比羅大将」(くびらたい…

八専(はっせん)

「八専」(はっせん)は、 「三隣亡」や「一粒万倍日」といった「選日」の一つです。 入籍や契約や引っ越しなど何事も上手くいくことがない 「凶日」として扱われています。 八専の日取り 《参考》干支 《参考》六十干支(ろくじっかんしかん) 令和4年「八…

庚申(こうしん)

「庚申」の日は、 平安時代にChinaから伝来し、 以後、仏教・神道・修験道などと習合して 日本独特のものとなった「庚申信仰」から由来しています。 人の体内には「三尸」(さんし)という3匹の虫が潜んでいると 考えられていました。 <三尸(さんし)> 上…

二十八宿「鬼宿」

「鬼宿日」は 鬼が宿にいて、外を出歩かないので、 鬼に邪魔をされずに、 様々なことを行うことが出来る 「大開運日」 とされています。 「鬼宿日」は、何事をするにも良い吉日とされていますので、 宝くじ購入や新しい財布を使い始めるなど 「金運に関連す…

巳の日

巳の日は「金運財運に良い日」とされています。 巳の日の「巳」とは蛇のことです。 蛇は財運を司っている動物で、 世界各国でも神様の象徴としてとても大切にされてきました。 脱皮を繰り返し生きる蛇は、 生命力が強く龍にも似た姿からも 「富のシンボル」…

初巳(はつみ)

新年の最初の「巳の日」に行われる「初巳祭」。 この日、七福神の一つである 「弁財天」に参詣する風習があります。 弁財天が蛇を使者に用いたことに由来します。 弁財天 インド神話では、河川の女神「サラスヴァティー」と言われ、 水と豊穣の神として崇拝…

十死日

「じゅうしにち」または「じゅうしび」と読みます。 十死日とは? 「十死日」は、昔の暦に「十し」と記載されていた、 「十死」「十死一生日」「天殺日」などとも言われている 「凶日」です。 「受死日」に次いで最悪の日と言われており、 「十死一生日とい…

初卯(はつう)

「初卯」は正月の最初の卯の日のことです。 東京では江東区亀戸にある亀戸天神社内の妙義社(御嶽神社)、 大阪では住吉区住吉にある住吉神社などに参詣し、 「卯の札」という神符を受けるならわしがあります。 江戸および近郊の 最も詳しい年中行事の文献で…

初寅(はつとら)

「初寅」(はつとら)は、 その年最初の「寅の日」のことを言います。 「寅の日」を縁日とする 「毘沙門天」(びしゃもんてん)は、 招福と勝負、鬼門を守護する神であり、 特に「初寅の日」を重んじます。 この日には、護摩法要が行われ、 福徳成就、商売繁…

天一天上(てんいちてんじょう)

「天一天上」(てんいちてんじょう)とは、 「天一神」という方角の神様が天に上っているため、 天一神の祟りがなく、どの方角へ進んでも良しとされ、 特に、相場師が縁起を担いでこの日を用いました。 「天一天上」の日取り 天一神遊行の日程 方違え 令和4(…

十方暮(じゅっぽうぐれ)

「十方暮」(じっぽうぐれ じゅっぽうくれ)は、 「三隣亡」や「一粒万倍日」といった「選日」の一つです。 「六十干支」を五行に当てはめた時に 「十干」の気と「十二支」の気が「相剋」する10日間を指し、 「凶日」とされています。 「十方暮」とは 「十方…

酉の市

「酉の市」とは、関東を中心とした神社で、 11月の酉の日の酉の刻(午後5時~7時)頃から 開かれる露店市です。 「大酉祭」(おおとりまつり)、「お酉様」(おとりさま) などとも言われます。 熊手や招き猫などの縁起物を買い、 一年の無事と、来る年の…

三伏:初伏・中伏・末伏

「初伏」「中伏」「末伏」を合わせて 「三伏」(さんぷく)と言い、凶日とされています。 初伏(しょふく)⇨ 夏至以降3回目の「庚」の日 中伏(しょふく)⇨ 夏至以降4回目の「庚」の日 末伏(しょふく)⇨ 立秋以降1回目の「庚」の日 「夏至」は 一年で最…