よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

人生儀礼

結婚祝い

「切る」「割る」「壊れる」を連想させる 刃物、ガラス製品、皿、スリッパは、結婚祝いの贈り物に相応しくないと言われます。 ご祝儀の場合は、 「汚れる」「折る」という言葉を忌み嫌うことから、 新札を使用します。 4万円あるいは9万円という金額も縁起…

隠居

「隠居」は、元々は平安貴族が宮勤めを退くことを指す言葉でした。 戦国時代には、それに地位や財産を跡継ぎに相続させるという意味が加わりました。 この家督の生前相続と言う意味での「隠居」は、 戦前の民法でも定められていましたが、戦後、戸主制ととも…

お返し

人付き合いにおいて、お礼やお返しは基本的な礼儀です。 しかし、その名目によって、 お返しをするべきかどうかは異なってきます。 例えば、中元や歳暮には、お返しは不要とされています。 中元や歳暮は本来、盆や正月の先祖への供物だからです。 仕事関係で…

お見舞い

本来、誰かを訪問する意味の言葉でしたが、 やがて、不定期の贈答をも指すようになりました。 通夜、忌中、病気、火事、家の新築、出産、選挙の陣中など、 見舞いを贈る場面は祝儀・不祝儀、様々ですが、 いずれも相手の労をねぎらい、慰めることが目的です…

水引(みずひき)・熨斗(のし)

かつて贈り物には、水引や熨斗を付けるのがしきたりでした。 その歴史は室町時代まで遡ります。 水引は、婚礼用の祝儀樽に細い注連縄を掛ける習わしがあることから、 元々は神事用の酒や食品を贈るのに付けられたものが 一般的な贈り物にまで広まったとみら…

献杯(けんぱい)

「献杯」(けんぱい)とは、相手に敬意や畏敬の念を表すために、 酒の注がれた杯(盃)を差し出し捧げる行為のことを言います。 一般的に、葬儀後の忌中払いや精進落とし、また法要後の会食の場で、 食事をいただく前に喪主や施主の挨拶に続いて、故人に対し…

神葬祭(しんそうさい)

葬儀は、多くの場合は「仏式」なのですが、「神道式」もあります。 神の世界に再び変えるとされる死者を祀り、 子孫を温かく見守る守護神になってもらう儀式です。 『古事記』によると、天若日子(あめのわかひこ)という神が亡くなった際、 葬儀のため喪屋…

神前結婚式(しんぜんけっこんしき)

神職が立ち会い、厳かな雰囲気の中で行われる神前結婚式は、 明治時代に入ってから始まりました。 明治33年に、日比谷大神宮(現東京大神宮)で行われた 当時の皇太子殿下(後の大正天皇)と九条節子さま(後の貞明皇后)の ご成婚の慶事が起源とされてい…

引出物(ひきでもの)

「引出物」(ひきでもの)とは、結婚式など様々な祝宴において、 招いたお客に対して贈るお土産です。 足を運んでくれたお客様への感謝と、 お客様の家族へのお祝いのお裾分けと言う意味が込められています。 「引出物」は、結婚式披露宴に参列してくれたお…

赤いちゃんちゃんこ

日本では、奈良時代に「長寿の祝い」の習慣を取り入れ、 貴族達の間で広く行われるようになったのが始まりです。 この長寿の祝いは「年祝」とも呼ばれ、長寿に達したことを喜び、 それを記念する儀礼で、 当初は「四十の賀」「五十の賀」と40歳、50歳で…

赤飯

「赤飯」とは、もち米に「小豆」または「ささげ豆」を混ぜて蒸したごはんで、 おめでたい席で食される、日本人のお祝い事には欠かせない伝統的な料理です。 その昔は小豆やささげを入れたご飯ではなく、 「赤米」を蒸したものだったようです。 日本では古く…

厄落とし・厄除け・厄払い

厄を避けるために行われる言葉には、 「厄落とし」や「厄払い」、「厄除け」がありますが、 違いはあるのでしょうか。 厄落とし 自分が大切にしている物や 常日頃から身に付けている物を故意に落とすなど、 自ら災厄を作り出して、 それ以上の厄が降り掛から…

厄年(やくどし)

「厄」という言葉に災厄や不幸を表す意味が含まれるように、 「厄年」には 身体に支障を来す 思いがけない事故に遭遇する 順調に進むはずの事が悪転する ・・・・など、良くない事が起きるとされて忌まれてきました。 「厄年」の歴史は長く、平安時代から100…

成人の日

現在のような「成人式」(せいじんしき)が行われるようになったのは、 戦後間もない、昭和21(1946)年11月22日に、 埼玉県の現在の蕨市で開催された「青年祭」だと言われています。 これが全国に広まり、昭和24(1949)年に 「おとなになったこと…

破魔弓(はまゆみ)

「破魔弓」は、「魔障を破り払う弓」という意味で、 江戸時代以来、男の子の初正月のお祝いとして贈られています。 由来は古く、『日本書紀』の頃から宮中では 「射来」(じゃらい)と呼ばれる弓の儀式があり、 後にお正月の儀式となりました。 この儀式には…

年祝い・長寿祝い・賛賀

長寿を祝う儀式を「年祝い」「長寿祝い」と言います。 この他に「賛賀」(さんが)という言い方もあります。 一般的には、「還暦」(かんれき)以後の祝いを指します。 人生の節目を寿ぎ、これからも長生きできるようにと言うことで、 お祝いをします。 当日…

結婚記念日早見表

「結婚記念日」は結婚した日を記念した特別な日。 これまで一緒に過ごしてこれたことに感謝して、 これからも一緒に過ごせるように願うとても大切な記念日です。 年数毎にある結婚記念日の名称と意味を紹介していきます。 記念日 名称 意味 [お祝い品] 1年…

人生儀礼

「人生儀礼」というのは「通過儀礼」とも呼ばれ、 その人が生まれてから死ぬまでの間、 或る段階毎に行われる儀礼です。 これには、誕生・成年・結婚・病気・厄年・算賀・葬儀などの 「家庭生活上の儀礼」と、 これに対して、 「社会生活上」の 入園式・入学…

トップに戻る