うまずたゆまず

コツコツと

2022-07-07から1日間の記事一覧

棚機津女(たなばたつめ)

Chinaから「乞巧奠きこうでん」の行事が伝えられる以前から、 日本には「棚機津女たなばたつめ」(機を織る女性)の信仰がありました。 毎年稲の開花時期に合わせて、 神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清める 古代日本における禊みそぎの行事、つま…

七夕飾り

江戸時代になり、七夕行事が「五節句」の一つとなると、 七夕は庶民の間にも広まり、全国的に行われるようになりました。 人々は野菜や果物を供えて、詩歌や習い事の上達を願いました。 そして、短冊に色々な願い事を書いて笹竹に吊るし、 星に祈るお祭りと…

羽衣伝説

七夕にまつわる昔話に「羽衣伝説」があります。 天女が地上に降り、川で水遊びをしていると、 村の若者が天女の羽衣を隠してしまいます。 羽衣がなく、天井に帰ることが出来なくなった天女は、 若者に嫁ぎ、一緒に暮らします。 三年が立ち、若者が隠し場所を…

七夕伝説

縁結びの神様 京都地主神社からの抜粋です。 因みに、地主神社じしゅじんじゃは、 縁結びの神様「大国主命」を主祭神として、 その父母神、 「須佐之男命すさのおのみこと」・「櫛名田比売命くしなだひめのみこと」、 櫛名田比売命の父母神、 「足名椎命あし…

二十四節気「小暑」

暑さも本格的になる時期。 暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、 この頃から暑さが本格的になってきます。 天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、 本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。 梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発…

七十二候「温風至」

「あつかぜいたる」と読みます。 熱い風が吹き始める頃となりました。 そろそろ梅雨が明ける時期になります。 温風至の「温風」は、この頃に吹く南風を意味しており、 この風は「白南風」(しろはえ・しらはえ)と呼ばれています。 一方、梅雨の最中に吹く風…

7月7日

令和4(2022)年7月 [木曜日] << 前の日 次の日 >> 月次 二十四節気 七十二候 「文月」 「小暑」 「温風至」 行事・撰日など ・七夕 ・棚機津女(たなばたつめ) ・七夕飾りの意味 ・暑気払い ・索餅(さくべい) ・一粒万倍日 この日に一粒の米をまくと…

暑気払い

うだるような夏の暑さ。 夏の暑い時期を元気に乗り切るため、 日本には、暑さを体から打ち払う「暑気払い」という 古くからの伝わる風習があります。 「暑気払い」とは 江戸時代から伝わる智慧「暑気払い」 「暑気払い」に効く食べ物 氷(かき氷、氷菓子、氷…

索餅(さくべい)

7月7日は「乾麺デー」(全国乾麺協同組合連合会 制定)であり、 「恋そうめんの日」(三輪山本 制定)でもあります。 どちらも「素麺を天の川にみたてて食べる風習があった」ことから 制定された記念日です。 この素麺の先祖は「索餅」(さくべい)という唐…